ジャパニーズミラニスタが行く! ミラノダービー観戦記 ミラノダービー直前に潜入! サン・シーロのスタジアムツアーに行ってみた

ミラノダービー直前に潜入! サン・シーロのスタジアムツアーに行ってみた WATCH

ジャパニーズミラニスタが行く! ミラノダービー観戦記 ミラノダービー直前に潜入! サン・シーロのスタジアムツアーに行ってみた

スポーティ

日本時間11月24日イタリアサッカーリーグ・セリエAで、ACミランとインテルが激突する『ミラノダービー』が開催されました。本田圭佑(ACミラン)、長友佑都(インテル)両選手が出場すれば、史上初の日本人対決が実現するという注目の試合。歴史的瞬間を見届けるために、日本でも多くの人が眠い目をこすりながら必死に睡魔と戦っていたのではないでしょうか。

そんなビッグマッチ当日、特別にACミランのホームスタジアムであるサン・シーロ(スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ)のスタジアムツアーに参加するができました!

ACミランのホームスタジアムであるサン・シーロ

ACミランのホームスタジアムであるサン・シーロ

まず案内されたのは、選手たちが試合後に報道陣の取材に応じるミックスゾーン。なんだか自分も選手になってインタビューされているかのような気分になりました。

テレビでよく見るお馴染みの光景

テレビでよく見るお馴染みの光景

ACミランの公式チャンネル『ミラン・チャンネル』の機材

ACミランの公式チャンネル『ミラン・チャンネル』の機材

お次はロッカールームです。それも、ミラノダービー直前のロッカールーム。あと数十分したらACミランの選手たちが入ってくるという独特の緊張感の中、目に飛び込んできたのはやはり『10番』です。ハンガーに掛けられたユニフォームを前に「どうか、お願いですから、試合に出られますように…」と念を送りました。

決戦に向け選手のユニフォームが準備されたロッカールーム

決戦に向け選手のユニフォームが準備されたロッカールーム

そのまま実際に選手たちが通る長いトンネル通路を抜けると、照明を浴びてキラキラと光るピッチが目の前に登場。見上げると360度にサン・シーロのスタンドが広がっていました。

贅沢なことに、ピッチサイドのベンチにも座ることができました。気になる座り心地は…フカフカ。ただ、ピッチよりも下に設置されているのでかなり視線が低くなり、選手たちはよくこの位置から試合を分析できるなと感心しました。

サン・シーロの輝くピッチ

サン・シーロの輝くピッチ

ピッチサイドのベンチは一段低くなっている

ピッチサイドのベンチは一段低くなっている

スタンドでは、早くもミラニスタ(ミランのサポーター)とインテリスタ(インテルのサポーター)がゴール裏でコールを繰り返していました。選手への熱い思いが込もった声援に圧倒され、自分が今から試合をするかのような錯覚に。ピッチサイドでは中継の報道陣がスタンバイし始め、徐々に「ミラノダービーが始まるぞ」という緊張感が高まってきたところで、スタジアムツアーは終了。

スタンドへ移動すると、選手たちがピッチでウォーミングアップを開始。巨大スクリーンに選手紹介が映し出されると、会場は大興奮。相手チームが紹介されているときにはブーイングで対抗します。

ウォーミングアップを行うACミランの選手たち

ウォーミングアップを行うACミランの選手たち

選手紹介が終わると同時にミラノダービー名物のコレオグラフィーが登場。今回、ミラニスタは『Quando sei all’Inferno solo il Diavolo può salvarti(お前たちが地獄にいるとき、救えるのはディアボロだけ)』と掲げました。「ディアボロ(=悪魔)」はミランの愛称のひとつ。つまり「お前たちを地獄に落とすのも俺らだし、落ちたときに助けてあげられるのも俺らだけだ、まぁ助けてあげないけどね」というような、皮肉ともユーモアともとれる言葉です。スタンド数十メートルを覆い尽くしたコレオは迫力満点でした。

ミラニスタによるコレオグラフィー

ミラニスタによるコレオグラフィー

スタジアム全体が寒さを忘れるほどの熱気であふれかえる中、いよいよキックオフ。試合結果はみなさんご存知の通り、1-1の引き分け。長友選手は先発出場、本田選手は後半から途中出場し、ミラノダービー初の日本人対決が実現しました。

試合後、声を掛け合う本田選手と長友選手

試合後、声を掛け合う本田選手と長友選手

今回は伝統あるミラノダービーの日に、ミラニスタとしてACミラン側だけを体験する特別ルートでした。本来のスタジアムツアーではトロフィーなどが飾られた博物館や、インテルのロッカールームも見学できるなど様々なプランがあります。普段は選手や関係者しか見ることのできないスタジアムの裏側をのぞけるツアー、サッカーファンなら行かない手はないでしょう!

top_s


ACミラン インテル サッカー セリエA 本田圭佑 海外 長友佑都