知っているようで知らないヨガの基本 「ハタヨガ」を体験してみた

知っているようで知らないヨガの基本 「ハタヨガ」を体験してみた DO

知っているようで知らないヨガの基本 「ハタヨガ」を体験してみた

スポーティ

突然ですが、ヨガと一言で言ってもさまざまな種類があるのをご存知ですか。ホットヨガやアイアンガーヨガ、クンダリーニヨガ、ハタヨガ、シヴァナンダヨガ、パワーヨガ、ヴィンヤサヨガ……。

ヨガには茶道の世界のように、何十種類もの流派があります。目的や動きもさまざまで、運動量の多いものから、リラックス系のもの、瞑想中心のものなど多岐にわたります。

「ハタヨガ」ってなに?

ハタヨガとは、世界中に広まっているヨガの源流と言われています。20世紀後半頃から欧米で起こったヨガブームは、このハタヨガが中心となっています。

サンスクリット語で「ハ」は太陽や吸う息などを意味し、「タ」は月や吐く息などを意味します。陽(太陽)と陰(月)のバランスをとり、エネルギーの流れを調和させることがハタヨガの目的です。難しそうですが、基本的なヨガポーズを行う初心者にオススメのヨガ、という風に理解してもらえれば十分です。

まずはブツブツとマントラ

今回は全国18ヶ所にスタジオを展開するスタジオ・ヨギーでハタヨガを体験してきました。「yoggy in-body」クラスはハタヨガをベースに、身体の使い方を学びながらじっくり動くクラス、とのこと。「初めての方でも迷わないように声かけしていくので大丈夫ですよ」と、担当してくださるカナコ先生の言葉。その言葉を信じてさっそくレッスンへ!

このクラスでは、レッスンの最初にマントラを唱えます。マントラとはサンスクリット語で「音節・語・フレーズ」という意味で、音自体にエネルギーがあると言われています。心の浄化やヒーリングになったり、唱えることで自分自身と向き合う準備みたいなものだそうです。

02_s

全身を使った立位のポーズ

ゆっくり身体動かしながら準備運動が終わったら、立位のポーズへ。まずは太陽礼拝(ヨガの基本ポーズの集合。詳しくはこちらの記事『ヨガで煩悩とサラバ! 『太陽礼拝108回』に参加してみた』)を分解して、ひとつひとつ、ていねいにポーズを増やしていきます。

先生曰く、慣れている人たちが多い場合は最初から太陽礼拝を連続して行なっていくそうです。ちゃんとレベルにあわせてくれるのはうれしいですね。太陽礼拝は全身の筋肉を使うので、ストレス解消や冷え症改善、血行促進、自律神経の調整などいいことずくめですよ。
03_s

戦士のポーズは二人一組で

ヨガのクラスって静かすぎて最初はちょっと緊張しますよね。でもこのクラスは違っていました。初心者にとっては難しいポーズ「戦士のポーズⅢ」は壁を使いながら二人一組で行なっていきます。

「右のお尻をもう少し下げて」と声を掛け合ったり、人の身体やポーズをじっくり見るのも勉強になっておもしろいですよ!これで立位のポーズはおしまい。座位のポーズや仰向けのポーズをいくつかおこなったら、シャバーサナ(屍のポーズ)で最後にリラックスして終了です。
04_s

ヨガは日常のパフォーマンスをあげるためのもの

「呼吸とエネルギーの流れを調和させるのがハタヨガの基本。ストレス社会に生きる私たちは、心と身体が多かれ少なかれ『ブレ』ています。日常生活の中でいろんな方向に行ってしまった心と身体を、自分の真ん中に戻してくれるものがハタヨガです」と、カナコ先生は語ります。

05_s

「ヨガはひとつの筋肉だけではなく、身体全部を整えてくれます。呼吸と身体を整えることで心がニュートラルになり、前向きになっていく。ニュートラルな状態を自然に作れるようになることで、日常生活においてのパフォーマンスもあがるんです。明日のゴルフや仕事のために、ヨガレッスンを受けるというのもいいでしょう」

今回のハタヨガ体験では、すっごく“体幹”を使った感じがしました。自分の体幹の「ブレ」を感じながら、声も身体も心も自分のすべてを使って整えていく、というヨガの基本を学べた気がします。


ハタヨガ ヨガ 太陽礼拝