50kmを24時間以内に歩き倒す! 『オックスファム・トレイルウォーカー東北2015』

50kmを24時間以内に歩き倒す! 『オックスファム・トレイルウォーカー東北2015』 DO

50kmを24時間以内に歩き倒す! 『オックスファム・トレイルウォーカー東北2015』

スポーティ

7月11〜12日に一昼夜かけて福島県安達太良山の山道を歩き抜く『オックスファム・トレイルウォーカー東北2015』の登録が間もなく始まります。

IMG_792_s

トレイル(trail)とは森や山の中にある小道のこと。トレイルウォーカーは文字通り、そうした山道などを歩くものです。これまで8年間、富士山周辺で開催されてきた「オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン」でしたが、今年は新たな舞台に移ります。

「オックスファム(Oxfam)」は、1942年にイギリスで設立された世界90か国以上で活動する国際協力団体です。2003年に設立したオックスファム・ジャパンなど、世界17の国や地域に拠点を置き、貧困を克服しようとする人々を支援し、貧困を生み出す状況を変えるために活動しています。

IMG_2875_s

オックスファムは、貧困問題に向かい合う中で、食料、農業、気候変動などのグローバルな課題について取り組んできました。 それら課題に共通するものがあるとして、2011年3月から東日本大震災の被災地での支援活動を行っています。2015年3月、震災から4年経ったのをひとつの区切りに、新たに被災地に根差した活動を始める一環として、「オックスファム・トレイルウォーカー」を、東北が誇る日本百名山のひとつ、福島県の安達太良山(あだたらやま)で開催することになりました。

「オックスファム・トレイルウォーカー」は、4人1組のチームで参加するイベントで、自分の体力に挑戦するとともに、参加をきっかけに寄付金を集めて支援に協力するというもうひとつの挑戦が用意された企画でもあります。これまで日本だけでなく、香港、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、オランダ、カナダ、ベルギー、アイルランドなどで開催されてきました。

2014年5月に神奈川県から山梨県で行われた「オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン2014」では、100㎞コースには143チーム570人が、43㎞コースには31チーム124人が参加、3,514万9,931円もの寄付金が集まったとのことです。

IMG_1848_s

『オックスファム・トレイルウォーカー東北2015』は、福島県に住む地元の方々の協力を得て、福島県二本松市の岳温泉(だけおんせん)からスタート/フィニッシュするコースで開催されます。福島の豊かな自然に満ちた全長50kmのコースは、緑あふれる美しい景観に彩られ、安達太良山の山頂1699mからは、素晴らしいパノラマ・ビューが楽しめそうです。

現在、大会ホームページでは、参加者を手助けするボランティアも募集しています。大会の前後を含めてコースの設営や管理を行ったり、出場者のタイム計測を補助したり、出場者に飲み物や軽食を提供したりと役割は様々です。

50kmの距離を24時間以内に完歩する『オックスファム・トレイルウォーカー東北2015』に、あなたも参加してみませんか?


イベント ウォーキング トレイルランニング