春の知床を歩いて横断しよう! 知床雪壁ウォークとは

春の知床を歩いて横断しよう! 知床雪壁ウォークとは DO

春の知床を歩いて横断しよう! 知床雪壁ウォークとは

スポーティ

季節は春。沖縄では真夏日も観測されましたが、ここ世界遺産の北海道知床半島はまだまだ雪化粧です。雪化粧と言いましても、人の身長より遥かに高く雪が積もっています。

この雪と世界遺産の絶景を見ながらウォークをするというイベントが、毎年4月に行われています。

今日は知床羅臼町観光協会事務局長の池上美穂さんに、知床雪壁ウォークの魅力を語っていただきました。

知床雪壁ウォーク2_s

知床雪壁ウォーク5

ーー知床雪壁ウォークとはどのようなイベントですか。

冬期間閉鎖中で除雪作業中の国道334号知床横断道路(ウトロ〜羅臼間)を1日だけ開放し、開催するウォーキングイベントです。コースは「ウトロコース(6キロ)」と「羅臼コース(10キロ)」から選ぶことができます。

ーー知床雪壁ウォークを始められたきっかけを教えてください。

世界自然遺産登録を記念して、知床を満喫出来るイベントを特別に開催したいということから始まりました。


ーー雪壁ウォークの醍醐味を教えてください。

閉鎖中の国道334号知床横断道路を1日だけ開放し、特別にウォーキング出来ることです。日本一開通期間が短いと言われているこの道路の過酷な除雪作業を垣間見ることができ、高く積もった雪の壁も観ることができます。

ーー毎年どれくらいの方が参加されるのでしょうか。

羅臼コース250名、ウトロコース250名の計500名限定となります。(今年度は応募終了)

知床雪壁ウォーク4_s

ーー今後、雪壁ウォークでの展望等があれば教えてください。

現在は、東北海道(特に釧路・根室管内が多い)からの参加者がほとんどですが、昨年よりタイからツアーでご参加いただいている方々がいるなど、世界的にも少しずつ認知されてきました。今後は知床の一味違った特別な体験を、東北海道のみならず道内・日本各地、世界各国からご来町いただき体験していただきたいと思っています。

知床雪壁ウォーク3_s


遠くは北方領土を望むことができる雪壁ウォーク。今年の募集は終了していますが、来年も開催予定です。来年はあなたも大自然と一体になりながら雪の壁を歩いてみませんか。


ウォーキング