日出づる国のオオカミたち『サンウルブズ』の挑戦

日出づる国のオオカミたち『サンウルブズ』の挑戦 WATCH

日出づる国のオオカミたち『サンウルブズ』の挑戦

スポーティ

日本のオオカミたちが世界最高峰リーグに初参戦


2016年、ラグビーの世界最高峰リーグへ日本のチームが初参戦しました。

チーム名は『サンウルブズ』。3000を超える応募の中から決められ、太陽を意味する『サン』と狼たちを意味する『ウルブズ』からなるこの名前は、日出づる国日本と、群れで統率を持って戦う日本チームの選手たちを象徴しています。

太陽のように熱く情熱的に、そして狼のように小柄だけれど機敏さと俊足を持ってチームワークで戦う。そんな願いや意味が込められた名前です。

太陽を思わせる真っ赤なユニフォーム

サンウルブズの名前とイメージは、選手たちが着るユニフォームにもしっかりと反映されています。特にホームで着用することになるメインのユニフォームは、太陽を思わせる真っ赤なもの。その前面にあたかもそういう柄であるかのように、大きく牙く狼の姿がプリントされています。

チームのロゴも真っ赤な狼がデザインされたものになっており、選手はもちろん、ユニフォームやロゴからもすでに情熱が感じられるようになっています。

変則的なリーグ戦を行うスーパーラグビー


サンウルブズが参戦することになったスーパーリーグ『スーパーラグビー』は、1996年に発足したラグビーの国際リーグです。

リーグを運営しているのはSANZAR(サンザー)という組織。SANZARとは南アフリカ共和国(SA)、ニュージーランド(NZ)、オーストラリア(AR)の3カ国のことであり、この3カ国からなるラグビー連合協会のことです。

今までは世界の強豪でもあるSANZAR3カ国がそれぞれ5チームずつ参戦し、計15チームでリーグの激戦を繰り広げていましたが、2016年からは参加チームの枠が18チームに拡大されました。そこに立候補して選ばれたのが、南アフリカの新たな1チームとアルゼンチンの1チーム、そして日本のチームサンウルブズなのです。

スーパーラグビーのリーグ戦はレギュラーシーズンとファイナルシリーズがあり、その構成が変則的になっています。参加する18チームは4つのカンファレンスと呼ばれるグループに分けられます。オーストラリアの5チーム、ニュージーランドの5チーム、南アフリカの3チームとサンウルブズの計4チーム、南アフリカの3チームとアルゼンチンのチームの計4チームがそれぞれのカンファレンスになります。

これら4つのカンファレンスから、前者2つのカンファレンスをオースタラレーシアングループ、後者2つのグループをサウスアフリカングループと2つのグループにまとめられます。これがリーグ戦の基本的な構成になります。

Screen Shot 2016-02-09 at 2_25_23 pm
18チームが2つのグループ、4つのカンファレンスに分けられる(スーパーラグビー公式サイトより)

レギュラーシーズンでは、オースタラレーシアングループは、所属カンファレンス内2チームのみホーム&アウェイで計4試合対戦し、残りの2チームと1回ずつ対戦します。サウスアフリカングループは所属カンファレンス内全チームとホーム&アウェイで2回ずつ計6試合対戦します。

また、各グループとも所属カンファレンス以外との対戦は、5試合をオーストラリア・NZカンファレンスと、4試合を他の南アフリカカンファレンスを行います。

その後各カンファレンスの1位4チームと、これらを除いたオースタラレーシアングループから上位3チームとサウスアフリカングループから上位1チームの計8チームがファイナルシリーズに進出し、プレーオフトーナメントを行います。

リーグ戦は約半年間行われ、その間は世界各地で男たちの激闘が繰り広げられます。

リーグ戦の詳細は以下の動画からも確認できます。

注目はワールドカップ経験もある矢富勇毅選手!

日本を代表して戦うサンウルブズの矢富勇毅

サンウルブズのチームメンバーは39人。その全員のプロフィールはサンウルブズの公式サイトで逞しい写真と共に見ることができます。

多くの日本代表選手、海外でも活躍している外国人選手を抱えたサンウルブズの中でも注目の選手は、2月27日の試合がデビュー戦となったSH(スクラムハーフ)の矢富勇毅選手です。過去に左右の十字靭帯断裂した経験があり、不運な怪我から舞い戻ってきた選手でもあります。27日の試合では試合終了直前にボールを受け取り激走し、ラストトライを決めました。バネのある走りが特徴の選手であり、これまで数々のチームを優勝に導いて来ました。今後もその走りでサンウルブズを引っ張ってもらいたいと思います。

また、PR(プロップ)のチーム最年少、具智元選手はなんと大学3年生。国際試合の経験は多くないが、元韓国代表のPRを父に持ちその遺伝子を受け継いでいます。若さ溢れる挑戦心と気合いで、新たな風を呼びこんでくれるでしょう。

サンウルブズを次に日本で観られるのは5月7日!


2016年の2月26日にサンウルフルズはスーパーラグビーでの初試合を迎えました。初戦を惜しくも落とし、そこから7連敗と苦しい試合が続いていましたが、4月23日に行われたジャガーズ(アルゼンチン)戦では36−28で下し、見事歴史的初勝利を収めました。

そんな彼らには今後も見逃せない試合が待ち構えています。以降が5月以降の試合の日程です。
5月7日(土)オーストラリアの『フォース』、5月14日南アフリカ『ストーマーズ』、5月21日オーストラリア『レッズ』、5月28日(土)オーストラリア『ブランビーズ』。

試合期間の長いスーパーラグビーならではですが、6月にサンウルブズの試合はないものの、7月以降も試合はたくさん予定されています。

なお、次に日本でサンウルブズを観られるのは5月7日。14時過ぎから、秩父宮ラグビー場で試合が行われます。ホームグラウンドでの彼らの試合には、ぜひとも駆け付け熱い声援をおくってほしい。

サンウルブズの試合日程と試合結果は以下の通り。


ROUND1 2016.2.27 sat 13:15
サンウルブズ 13 v 26 ライオンズ

ROUND2 Bye

ROUND3 2016.3.12 sat 19:55
サンウルブズ 31 v 32 チーターズ

ROUND4 2016.3.19 sat 13.15
サンウルブズ 9 v 35 レベルス

ROUND5 2016.3.26 sat 19:55
サンウルブズ 27 v 30 ブルズ

ROUND6 2016.4.2 sat 24:05
キングス 33 v 28 サンウルブズ

ROUND7 2016.4.8 sat 26:00
ストーマーズ 46 v 19 サンウルブズ

ROUND8 2016.4.15 sat 26:00
チーターズ 92 v 17 サンウルブズ

ROUND9 2016.4.23 sat 14:15
サンウルブズ 36
v 28 ジャガーズ

ROUND10 Bye

ROUND11 2016.5.7 sat 14:15
サンウルブズ v フォース

ROUND12 2016.5.14 sat 20:55
サンウルブズ v ストーマーズ

ROUND13 2016.5.21 sat 14:05
レッズ v サンウルブズ

ROUND14 2016.5.28 sat 18:45
ブランビーズ v サンウルブズ

ROUND15 2016.7.2 sat 14:15
サンウルブズ v ワラターズ

ROUND16 2016.7.9 sat 24:05
ブルズ v サンウルブズ

ROUND17 2016.7.15 sat 26:00
シャークス v サンウルブズ

(Photo By Masataka Matsuo and Tatsumine Sugiura )


サンウルブズ ラグビー ワールドカップ 日本代表