世界一の年俸リーグNBA、そして驚きの最低年俸は?

世界一の年俸リーグNBA、そして驚きの最低年俸は? WATCH

世界一の年俸リーグNBA、そして驚きの最低年俸は?

スポーティ

プロスポーツ選手といえば、多くの少年少女が憧れる職業で、特にトップの選手となれば、年に数千万円・数億円を稼ぐ選手も少なくはありません。その中でもアメリカにあるプロバスケットボールリーグのNBAは、世界中に数あるスポーツリーグの内、選手の平均年俸が世界一高いリーグです。

なぜNBAの選手はそんなに稼げるのか、一番高い年俸の選手はどのくらい貰っているのか、今回は気になる選手の懐事情をご紹介したいと思います。
※選手の年俸は、スポンサー契約、CM等様々なものがありますが、今回の数字は所属チームから支払われる年俸となります。

NBAの収益と世界的人気

NBAの主な収益はリーグ全体の放映権やスポンサー契約、チームごとのスポンサー契約、チケット売り上げ、グッズ売り上げなどです。
この中でも放映権では、ウォルトディズニー社とタイムワーナー社との間で結んでいて、2016/17シーズンからの9年契約で総額240億ドル、日本円で約2兆6500億円の巨額な収入となっています。

この巨額な契約の背景には、年々市場規模を拡大している状況があります。NBAはバスケットクリニックや※プレシーズンゲームの開催を、海外で積極的に行っており、それらの影響で世界各国にて人気に火が付いています。その証拠として、2017年オールスター戦は、世界215の国と地域で放送されました。
※プレシーズンゲーム:シーズン前の調整試合

NBAが第1位!世界にあるスポーツリーグの年俸事情

イギリスのSporting Intelligence社の調査によると、世界17リーグの中でNBAの平均年俸が1位となりました。その金額は驚きの約639万ドル、日本円で約7億円です。この金額をレギュラーシーズン82試合で割ると、1試合当たり850万円になります。

参考にその他のスポーツリーグも併せて記載します。

※3位のIPLに関しては、シーズンが約1か月半と極端に短いので、他のスポーツに合わせるように計算しているようです。

詳しくはこちらのページの「Click here」からどうぞ
global sports salaries survey
http://www.globalsportssalaries.com/

世界最高の選手達の年俸は?

現在、NBAのチームに登録されている選手約449人の中には、一般人の想像を超えるほどの額を貰っている選手もいれば、驚くことに1シーズンの年俸では生活できないような額で在籍する選手もいます。

そこで2016/17シーズンにおける年俸上位選手を紹介します。


ジェームス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
ラッセル・ウエストブルック(オクラホマシティ・サンダー)
ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
年俸:約2650万ドル(日本円 29億円)

リーグを代表するオールラウンダーの3人が2650万ドルでリーグ2位タイの年俸でした。実はこのハーデン、ウエストブルック、デュラントは2011/12シーズンで、オクラホマシティ・サンダーで一緒にプレイしNBAファイナル(決勝)まで駒を進めました。

同じユニフォームを着る(上から)ハーデン、ウエストブルック、デュラントの3人

この中でケビン・デュラントは今年、優勝候補であったウォリアーズに移籍し、悲願であったNBA優勝を成し遂げました。

そして現在の最高年俸選手は…
レブロン・ジェームス(クリーブランド・キャバリアーズ)
年俸:約3095万ドル(日本円 34億円)

NBAの“キング”ことレブロン・ジェームス。この3095万ドルは現役選手NO.1の数字です。現役最高選手の名をほしいままにしている彼が、年俸でもNo.1。さらには、スポンサー契約などの全収入を合わせると、年収約86万ドル(日本円で約95億円)にもなるそうです。

<写真右>この左手の輝きは相当な財力の証です…

年俸TOPとWORST2が同じチーム!?

NBAでは、驚くほど年俸が低い選手も存在します。
今季の年俸額のWORST2の選手を紹介します。

ダンテイ・ジョーンズ(クリーブランド・キャバリアーズ)
年俸:5767ドル(日本円 63万円)

持ち前のディフェンスで起用される

プレイオフ直前の4月に契約した、13年目のジョーンズは今季出場5試合。昨季もキャバリアーズに所属しており、キャバリアーズ初の優勝に貢献しました。ディフェンスが得意な選手です。

エディ・タバレス(クリーブランド・キャバリアーズ)
年俸:5145ドル(日本円 57万円)

将来が期待されるビッグマン

ジョーンズと同じく4月に契約した、タバレスはアフリカ西沖合の小さな島国カーボ・ヴェルデ出身の25歳で221㎝の大型センターです。

この2人は驚きの2桁万円代。シーズン終了直前の4月に契約したとはいえ、とてもプロスポーツ選手の年俸とは思えません。そしてこの2人とレブロンを比較すると、およそ6000分の1の差がありました。

また、タイトルでも触れていますが、全員同じチーム(クリーブランド・キャバリアーズ)に所属しています。Sporting Intelligence社の調査によれば、キャバリアーズは世界一年俸を多く払っているチームですが、とても多く貰っている選手の陰で、少額でチームを支えている選手もいることがわかります。

歴代TOPはやっぱり“あの人”だった

約70年の歴史を誇るNBAは、年収は右肩上がりです。以前と比べて選手の平均年俸は比べられない程、高騰しています。

しかし、歴代TOPとなると、なんと20年前の契約まで遡ります。今から20年前、1990年代後半といえば、“神様”マイケルジョーダンです。ジョーダンが1997/98シーズンに契約した年俸は3310万ドル(日本円 36億円)で、これは当時あったNBAチーム全29チーム中19チームの、各チームが所属選手に支払っている総年俸よりも多かったということです。

お金持ちの風格

しかし、近々レブロンや、ウォリアーズのステフィン・カリーがその年俸を抜く契約を交わすのではないかと噂されています。

年俸=選手のレベル、にはならないかもしれませんが、その時代にそれだけの価値を認められたという証拠として、選手を年俸で比較するのは興味深いデータではないかと思います。

※今回のデータは1ドル=110円で計算しています。


NBA スポーツリーグ バスケ マイケルジョーダン