プレミアリーグから100人以上!ワールドカップ出場予定選手リスト

プレミアリーグから100人以上!ワールドカップ出場予定選手リスト WATCH

プレミアリーグから100人以上!ワールドカップ出場予定選手リスト

スポーティ

ワールドカップ予選が終わり、ロシアで鎬を削る32ヵ国が出そろいました。前回のブラジル大会で117人を送り出したプレミアリーグが、来年の夏も最も多くの選手を供給するリーグとなるでしょう。全員が母国でプレイするイングランドの次にプレミアリーグ所属選手が多いのは、日本とのフレンドリーマッチで12人が選出されたベルギーです。
メイン写真クレジット/PHOTO by joshjdss

ベルギー代表は17人がプレミアリーグ勢!?

守護神クルトワ(チェルシー)の控えにミニョレ(リヴァプール)。DF陣はカバセレ(ワトフォード)、フェルトンゲン(トッテナム)の2名でしたが、本大会ではマンチェスター・シティのヴァンサン・コンパニとスパーズのトビー・アルデルヴァイレルトが加わるはずです。中盤もデブライネ(マンチェスター・シティ)、デンベレ(トッテナム)、シャドリ(WBA)、ダフール(バーンリー)と錚々たるメンバー。前線にはエデン・アザール(チェルシー)、ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、ミララス(エヴァートン)、デポワトル(ハダースフィールド)がおり、負傷で辞退したバチュアイ、ベンテケ、フェライニも最終メンバーに残るでしょう。

元エヴァートン監督のロベルト・マルティネスが率いるチームは、ドイツやブラジルに勝って頂点に立つことができるでしょうか。劣勢になると個人プレイに走りがちなチームだけに、先行逃げ切りをどこまで貫けるかがポイントです。
ルカクはあと2ゴールで、ベルギー代表の歴代最多となる30ゴールに到達(PHOTO by Дмитрий Голубович)

ブラジル以外は少ない南米勢

ベルギーに負けず劣らず豪華なメンバーを揃えているのは、南米予選を首位通過したブラジルです。GKのエデルソンとダニーロ、フェルナンジーニョ、ガブリエウ・ジェズスがマンチェスター・シティ。リヴァプールからはフィルミーノとコウチーニョ、チェルシーはウィリアンと総勢7人がプレミアリーグでプレイしています。

積年のライバル・アルゼンチンはセリエAの選手が多く、イングランドからはマンチェスター・シティのオタメンディとアグエロ、控えGKのロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)のみ。ブラジル以外の南米勢は少なく、コロンビアは負傷離脱中のオスピナ(アーセナル)ひとりで、ウルグアイと“32番めの出場国”ペルーはゼロ。彼らの欧州進出のメインストリームは、母国語で話せるスペインや温暖なポルトガル、イタリアです。

既にブラジル代表で7ゴールを決めているガウリエウ・ジェズスは若手No.1の注目株(PHOTO by Agencia de Noticias ANDES)

前線が多いフランスと守備のスペイン

ブラジルと肩を並べる可能性があるのは、アタッカー充実のフランスと守備のタレントが揃うスペインです。11月14日にドイツと戦ったフランス代表は、カンテ(チェルシー)、ジルー、コシールニー、ラカゼット(アーセナル)、マルシアル(マンチェスター・ユナイテッド)、シソコ(トッテナム)の5人でしたが、ポール・ポグバとウーゴ・ロリスが復帰すればこちらも7人が揃います。コスタリカ、ロシアとフレンドリーマッチを行ったスペイン代表は、デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)、ダヴィド・シルヴァ(マンチェスター・シティ)、アルベルト・モレノ(リヴァプール)、モンレアル(アーセナル)、アスピリクエタ、モラタ(チェルシー)。アーセナルのサンティ・カソルラが間に合いそうにないのは残念ですが、アンデル・エレーラやペドロにはチャンスがまわってくるかもしれません。

昨季プレミアリーグで13ゴールを挙げたセネガル代表のサディオ・マネ(PHOTO by Дмитрий Садовников)

エジプトの超速ドリブラーはブレイクなるか?

強豪国以外に目を向けると、プレミアリーグの選手が意外と多いのがセルビアとセネガルです。タディッチ(サウサンプトン)、マティッチ(マンチェスター・ユナイテッド)、ミリボイェヴィッチ(クリスタル・パレス)、グルイッチ(リヴァプール)、ミトロヴィッチ(ニューカッスル)とクラブのキーマンが多いセルビアに対して、セネガルのほうはディアメ(ニューカッスル)、クヤテ(ウェストハム)、マネ(リヴァプール)、ディウフ(ストーク)、グイェ(エヴァートン)と身体能力が高い選手が勢ぞろい。

ダークホースの注目選手を挙げるとすれば、初出場を決めたアイスランドで中盤を仕切るプレースキックのスペシャリスト、シグルズソン(エヴァートン)、アイルランドとのプレーオフでハットトリックを決めた10番エリクセン(デンマーク)。スイスのジャカ(アーセナル)とシャキリ(ストーク)は所属クラブでも主軸となっており、大活躍の予感漂うエジプトの超速ドリブラー、モウ・サラー(リヴァプール)も楽しみです。

エリック・ダイアー、デル・アリ、ハリー・ケイン、ハリー・ウインクス、トリッピアー、ダニー・ローズとトッテナム勢が元気なイングランドは、久しぶりの上位進出を果たせるでしょうか。そうです、レスターの岡崎慎司とサウサンプトンの吉田麻也も忘れてはいけません。注目のグループステージの組み合わせ抽選は、12月1日にモスクワで行われます。


プレミアリーグ ワールドカップ 海外サッカー