カヌー羽根田卓也選手、チョコの数はポルシェ2台分!?

カヌー羽根田卓也選手、チョコの数はポルシェ2台分!? WATCH

カヌー羽根田卓也選手、チョコの数はポルシェ2台分!?

スポーティ

1月26日(金)、六本木ヒルズに期間限定でオープンした「Macan Valentine Cafe」のオープニングセレモニーが開催され、カヌースラローム競技の羽根田卓也選手が登場し、2018年の目標からバレンタインの甘酸っぱい思い出まで話してくれました。

ポルシェと羽根田選手の『挑戦と進化』

この日、Porsche Driving Athleteの任命式が行われ、ポルシェジャパンの七五三木敏幸社長から羽根田卓也選手へ任命状が贈呈されました。

左:ポルシェ ジャパン株式会社 七五三木敏幸社長、右:羽根田卓也選手

多くのアスリートの中から羽根田卓也選手をPorsche Driving Athleteに任命した理由について、七五三木社長は次のように話しました。

ポルシェは、フィロソフィーである『挑戦と進化』を大切にしています。羽根田選手は17歳の頃から単身ヨーロッパに渡り、ヨーロッパの厳しい競技界で自分を磨こうと挑戦をしてきました。さらに日々進化している姿は、ポルシェの想いを体現してくれていると感じ、羽根田選手を任命しました。今後は羽根田選手の活動を力強く支援して行きます。

羽根田選手は嬉しさを堪えきれない様子で次のように話しました。

本当に嬉しくて名誉なことだと思います。最初にお話をいただいたときは、驚きで「ポ、ポ、ポ、ポルシェ!?」と声が裏返ってしまいました。(笑)
ポルシェのテーマである『進化と挑戦』は、自分もアスリートとして毎日心がけていることでしたので、そういった姿を見ていただいて、評価していただいたことは、選手として本当に光栄に思います。これからポルシェの名に恥じないよう、頑張りたいと思います。



羽根田選手が使用しているカヌーを乗せたポルシェ マカン

国内の移動ではポルシェが用意されている羽根田選手。乗り心地について「車を運転する、という感覚ではなく、車と走るという感覚」と熱く語りました。カヌーの競技者である羽根田選手は自分の手足のように動く、高い機能性を備えたポルシェについて「本当に爽快です」と話しました。カヌーとどちらが乗り心地が良いかと聞かれると、「断然ポルシェです!」と答え、笑いを誘う場面も。

今年をどんな1年にしたいかという質問に対しては、次のように答えました。

カヌーのシーズンが4月から始まるのですが、4月に全日本選手権があり、その後は拠点であるヨーロッパに移動してワールドカップへの出場、そして4年に1度のアジア大会がインドネシアで開催されます。前回のアジア大会では金メダルを獲得したので、連覇を狙いたいです。また、9月世界選手権と大会が続くので、毎日精進していきます。


具体的に挑戦していることについて質問されると、自身の課題について話しました。

リオオリンピックから課題だったのですが、トップスピードをなかなか出せていませんでした。東京オリンピックに向けては、トップタイムを出せないとメダルを狙えないことはわかっているので、挑戦して、進化を遂げた状態で東京オリンピックに臨みたいです。

これには七五三木社長から共感のコメントが出ました。

今お話を聞いていて、ワクワクしてしまいました。モータースポーツも、羽根田選手と同様に0.001秒を縮めるための努力を毎日しています。スピードに対する飽くなき挑戦と進化は、ポルシェと通じるものがあるな、と感じました。マカンもそんな環境で磨き上げられてきた車です。

チョコの数はマカン2台分!?甘いバレンタインの思い出

女性に大人気の羽根田選手に、バレンタインの思い出を聞きました。

昔好きだった女の子が、ご家族の転勤で南アフリカに行ってしまいまして、文通をしていたのですが、バレンタインの日にお互いにチョコが届くように日にちを計算して贈り合った、っていう思い出があります。小学校2年生のときですね。(笑)

これまでのバレンタインで一番たくさんもらったチョコの個数を聞かれると「マカン2台分くらいですか?」と冗談も飛び出しました。

高校は男子校でしたし、卒業後はスロバキアに行ってしまったので、バレンタインを日本で過ごすということがしばらくないですね。(笑)中学の時にもらったのは、3個か4個だった気がします。


平昌オリンピックで注目はあの選手

いよいよ2月に開幕する平昌オリンピック。羽根田選手が注目する選手を聞きました。

金メダル候補がたくさんいらっしゃると思うのですが、個人的にはスノーボードハーフパイプの平野歩夢選手に注目しています。僕も元々スノーボードをやっていることもあって、競技が好きで応援しているところもあるのですが、前回大会のソチオリンピックで、彼の臨み方や視線、目の輝きを見てこんな選手がいるのかと。闘志が目にギラギラ映っているのが見えたので、今回も必ずやってくれると思うので楽しみにしています。

ポルシェのバックアップを受けて、より競技に磨きをかける羽根田選手。今年のカヌーシーズンも「挑戦と進化」を見せてくれることでしょう。



カヌー ポルシェ 平昌五輪 平野歩夢 羽根田卓也