ふわ・かる・びよーん NIKEの新素材ランニングシューズ登場

ふわ・かる・びよーん NIKEの新素材ランニングシューズ登場 DO

ふわ・かる・びよーん NIKEの新素材ランニングシューズ登場

スポーティ

NIKEが2月22日より販売を開始する新ランニングシューズ ナイキ エピック リアクト フライニット(Nike Epic React Flyknit)。その製品発表会が東京渋谷ヒカリエのヒカリエホールにて行われました。

ヒカリエホールには特設の陸上トラックが出現し、製品発表会に合わせて新プロダクトのトライアルも行われました。

ランナーの要望すべてに応える新素材

ナイキ エピック リアクト フライニットの特徴は何と言ってもソールに使われた新素材「ナイキ リアクト」です。このナイキ リアクトはランナーの要望である「クッション性」、「反発性」、「軽さ」、「耐久性」という相反する特徴、すべてを備えた新素材となっています。

通常、クッション性が高い素材はエネルギーを吸収してしまうことから反発性が弱くなります。また、軽さを追求することにより耐久性が損なわることになります。しかし、ナイキ リアクトはクッション性の「ふわ」、軽さの「かる」、反発性の「びよーん」を兼ね備えているのです。

この素材を作るためにナイキの化学者たちは、新しい素材と設計方法のテストに3年を費やし、400におよぶ組み合わせを試したそうです。

ナイキ リアクトは2017年6月にバスケットボールシューズ向けに開発されました。バスケットボールプレイヤーたちにより、この素材の耐久性と反発性の優位性が証明されたことにより、ランニングシューズにも同様の素材を用いることになりました。

優れた反発性を体感

製品発表のあと、行われたのが、ナイキエキスパートの秋本真吾さんによるトライアルセッション。発表会に参加したメディア関係者にナイキ エピック リアクト フライニットを実際に履いて走ってもらおうというものです。

このために設置された陸上トラックで、簡単なウォーミングアップの後、ナイキ エピック リアクト フライニットの反発性を体感できるランニングメニューが行われました。

まず行われたのがスキップでのランニング、片足毎にしっかり体重が乗るスキップのプログラムを行うことにより、反発性の実感だけでなく、片足で着地した際の安定感・安心感も味わうことが出来ました。ナイキが以前から取り入れているフライニットによるアッパーは軽くて丈夫なだけでなく、足全体を包み込むような安定感があります。今回の新プロダクトもこの特徴を受け継いだ物となっている上に、安定性については、同社の人気製品Lunar Epic 2を上回っているという感想を持ちました。

その後に行われた垂直方向へのジャンプは、ナイキ エピック リアクト フライニットの反発性、つまり優れたエネルギーリターンを感じることが出来ました。特に足全体で着地した際には足の裏にスプリングがあるかのような反発力を感じることが出来ました。

この優れた反発力は実際に少し速度を上げてランニングをしてみると更に実感できます。

地面を強く蹴ると足が勝手に前に出ていくような感覚を覚えました。早く走ろうと思えば思うほど、シューズによる推進力を感じられるのです。

世界中のランナーにとっての新しいパートナーとなるナイキ エピック リアクト フライニットは2月22日よりNIKE.COM と一部小売店で販売開始となります。
この新素材を是非体感してみてください。


シューズ ジョギング ナイキ ランニング