なんだか美味しそうな、あのメジャーリーグのホットドッグを食べてみた。

なんだか美味しそうな、あのメジャーリーグのホットドッグを食べてみた。 WATCH

なんだか美味しそうな、あのメジャーリーグのホットドッグを食べてみた。

スポーティ

top photo license some rights reserved by EileenRose

日本のプロ野球は楽天と巨人の優勝が決まりましたが、アメリカ・メジャーリーグもいよいよ大詰めを迎えています。そんなメジャーリーグ中継を見ていると、必ずと言っていいほど目につくのが「ホットドックを食べながら試合を楽しんでいる陽気な観客」。一見普通のホットドッグに見えますが、球場の雰囲気もあいまってなんだかとても美味しそう。あのホットドッグ、食べてみたいと思いませんか?

一体感を味わえるドジャースタジアム

やってきたのはかつて野茂英雄投手が在籍したことでもおなじみ、ロサンゼルス・ドジャースの本拠地「ドジャースタジアム」。ロサンゼルスのダウンタウンにほど近い丘の上にあり、地元の人気に支えられてチームの調子が良いときには56,000人の客席が連日ソールドアウトになります。

stadium2_fix

観戦に最適な内野は高い席から順に「FIELD」、「LOGE」、「RESERVE」と分かれています。「FIELD」はその名の通りフィールドに近い分、100ドルを超える席も多くあります。しかし比較的リーズナブルな 「LOGE」、「RESERVE」の席でも充分にその雰囲気を楽しめます。特に満席の時はこの三層から響いてくる歓声は迫力満点で、まるでロサンゼルス中からファンが集まっているんじゃないかと錯覚しそうになります。メジャーリーグ独特の、地元ファンとの一体感が味わえるのが特徴です。

キング・オブ・ホットドッグの実力やいかに

さて本題です。なぜ私はドジャースタジアムに来たのでしょうか。

アメリカにおけるベースボールとホットドッグの歴史が始まったのは1893年。セントルイスのバーもベースボールチームも所有していたドイツ系移民が、球場メニューとして提供したのがきっかけと言われています(「National Hot Dog & Sausage Council」より)。アメリカの国民食として肩を並べるハンバーガーと比べ、細長く片手で食べることの出来るホットドッグは野球観戦にピッタリのグルメとして定着し、今やどの球場でも必ずと言っていいほど売られている名物メニューになりました。

stand_fix

ボストン・レッドソックスの「フェンウェイ・フランク」やシカゴ・カブスの「シカゴ・スタイル・ドッグ」などもありますが、長い歴史の中でもっともファンに親しまれ、今なおトップクラスの売り上げを記録しているのが、このドジャースタジアムで売られている「ドジャードッグ」。アメリカベースボール界のキング・オブ・ホットドッグと言われているのです。

それではさっそく売店に並んでみましょう。「ドジャードッグ」のお値段は5ドル。日本のホットドッグと比べてみても、そんなにお安くはありません。しかし手渡されたのは…えっ、これだけ?!

dodgerdog_fix

味の決め手はシンプルイズベスト

予想以上にシンプルなホットドッグにとまどっていると、トッピングブースを見つけました。ここではケチャップやマスタード、オニオン&レリッシュ(みじん切りのピクルス)を好きなだけかけることができます。せっかくなのでたっぷりとトッピングをかけ、おそるおそる口に運びます。

booth_fix

ひとくち食べてわかりました。ドジャードッグのいちばんのポイントは「ソーセージのあっさり感」です。食べやすく、それでいてホットドッグ本来のわかりやすい美味しさも十二分に感じられます。そしてその飽きの来ない味は、シンプルなトッピングが生きるのです。
だれでも、いつでも、何度でも食べられるようなホットドッグ。これぞまさしくキング・オブ・“ベースボール”・ホットドッグだといえるでしょう。主役はあくまで「ベースボール」なのですから。

チーム事情に合わせた味も?

と、興奮したところですが売店にはさまざまな種類のドジャードッグも並んでいます。せっかくなので食べてみました。

見た目はほとんどいっしょの「スーパードジャードッグ」(6.50ドル)。ソーセージが100%ビーフであることがドジャードッグとの違いです。たしかにジューシーな印象……ですが、迷ったらとりあえず普通のドジャードッグを注文しましょう! やはりスタンダードは偉大だ、というのが正直な感想です。

superdogerdog_fix

上質なソーセージを使った「ブルックリンドジャードッグ」(7.50ドル)やチリソースやハラペーニョが乗った辛口の「ドイヤードッグ」(7.75ドル)など変わり種のなかで、意外とイケたのがこの「キムチドッグ」(7.75ドル)。韓国人投手・柳賢振が活躍するドジャースならではのグッドマッチなのかもしれません。

kimuchi_fix

迫力あるメジャーリーガーのプレー、球場と観客の一体感、そしてその雰囲気をふくらませる「ドジャードッグ」。ドジャースタジアムに行くときには、こんなところから本場の「ベースボール」を感じてみるのも楽しい経験になるはずです。

※内容は2013年シーズン時点のもの


MLB メジャーリーグ 野球