一家で楽しむサイクルフェスティバル「埼玉サイクルエキスポ2014」

一家で楽しむサイクルフェスティバル「埼玉サイクルエキスポ2014」 DO

一家で楽しむサイクルフェスティバル「埼玉サイクルエキスポ2014」

スポーティ

2月15、16日に開催された埼玉サイクルエキスポ2014。初日が大雪だったにも関わらず、二日間の総来場者数は22,000人と大変なにぎわいを見せました。

中でも印象的だったのが、普通のサイクルフェスに比べて家族連れの姿が多く見られたこと。会場となったさいたまスーパーアリーナには、「自転車の街 さいたま」ならではの家族で自転車を楽しむアイディアがいっぱい詰まっていました!

埼玉を走り回るママたちへ! 日常を助ける最新ママチャリ

会場では国内外の自転車メーカーが多数出展。最新のレース用ロードバイクやストリート系自転車など数多くの試乗車が準備されていました。そんな試乗コーナーの一番人気は、なんと「ママチャリ」。

IMG_0240_s

埼玉県は自転車保有率が日本一。日々の買い物や子どもの送り迎えなど、様々なシーンでママの力強い味方として自転車が使われています。

そんな埼玉の街を走り回るママたちのために、最新技術を駆使した電動アシストタイプのママチャリ便利なチャイルドシートなど、「もっと楽に もっと安全に」を実現するママ向け自転車アイテムが多く展示されていました。

チャイルドシートの位置を低くして、安全性と上げ下ろしの楽さを両立させた最新ママチャリ

チャイルドシートの位置を低くして、安全性と上げ下ろしの楽さを両立させた最新ママチャリ

家計を守るママにうってつけの自転車グッズセール

家計を守るママにうってつけの自転車グッズセール

介護を助ける車椅子付き自転車も

介護を助ける車椅子付き自転車も

気分はパリ!? 埼玉サイクリングでパパの運動不足解消

昨年10月さいたま新都心にて日本で初めて「ツール・ド・フランス」の名が付けられたイベントを開催したりと、埼玉県はスポーツサイクル事業に力を入れています。

また勾配が緩やかな地形が多く、県を流れる荒川・江戸川・利根川にはサイクリングロードも完備と、スポーツサイクリングを始めるにはうってつけの「埼玉」。手軽に運動不足が解消できる趣味として、ロードバイク未経験の中年男性が各ブースに熱い視線を投げかけていました。

これからロードバイクを始めたい人のための初心者講習。30〜40代の男性に人気でした

これからロードバイクを始めたい人のための初心者講習。30〜40代の男性に人気でした

体力自慢のパパたちは、大宮・西武園競輪場のブースで競輪選手のダッシュに挑戦

体力自慢のパパたちは、大宮・西武園競輪場のブースで競輪選手のダッシュに挑戦

「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」効果でロードレースへの知名度が拡大中

「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」効果でロードレースへの知名度が拡大中

埼玉を拠点とする自転車ロードレースチーム「エキップアサダ」の選手紹介

埼玉を拠点とする自転車ロードレースチーム「エキップアサダ」の選手紹介

家族サイクリングは安全第一! ちびっ子安全講習

都心へ向かう幹線道路が多くある埼玉では、ときには自転車で交通量の多い場所を走ることも。小さい子どもがいる家庭で、一番に求められるのが「自転車に乗る子どもの安全」です。

埼玉サイクルエキスポ2014では子ども向けのシミュミレーター講習安全性を高めるキッズ向け自転車用品の展示・販売など、子どもの安全な自転車ライフを手助けするブースが多数。エキスポ全体が家族で自転車を楽しむための手助けをしている、という印象を受けました。

子ども向けの試乗コーナーでは自転車に加えて最新ヘルメットも貸し出し

子ども向けの試乗コーナーでは自転車に加えて最新ヘルメットも貸し出し

視認性の高い子ども用自転車アパレル

視認性の高い子ども用自転車アパレル

危険予測シミュレーターはキッズに大人気。おまわりさんが安全な自転車通行を教えてくれます

危険予測シミュレーターはキッズに大人気。おまわりさんが安全な自転車通行を教えてくれます

車の側から自転車を守る、スバル・アイサイトの衝突回避実験

車の側から自転車を守る、スバル・アイサイトの衝突回避実験


最近は自転車専用道路も増えている埼玉県。週末は一家で埼玉サイクリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。


イベント ロードバイク 家族 自転車