ラッセル・ウェストブルック来日!Bリーグスター軍団と共演!

ラッセル・ウェストブルック来日!Bリーグスター軍団と共演! WATCH

ラッセル・ウェストブルック来日!Bリーグスター軍団と共演!

スポーティ

NBA史上初の2シーズン連続でのシーズントリプルダブルを達成したオクラホマシティ・サンダーのポイントガード、ラッセル・ウェストブルック選手が初来日し、8月14日(火) にNIKEが開催する『RUSSELL WESTBROOK 2018 WHY NOT TOUR』に参加しました。

『RUSSELL WESTBROOK 2018 WHY NOT TOUR』では、”前人未到の記録を成し遂げた彼の言葉とプレーから、不可能を可能にするWHY NOT?の精神を学ぼう”ということで、午前にナイキ原宿にてトークショーを行い、夕方から代々木公園バスケットボールコートで子供達向けのクリニックとBリーグのスター軍団も登場したエキシビジョンマッチを行いました。

お盆の代々木公園バスケットボールコートには多くのバスケファンが詰めかけ、ラッセル・ウェストブルック選手をはじめとする豪華選手達の登場に歓声が湧き上がりました。今回は夕方のイベントの様子をレポートします!

クリニックで子供たちに直接指導!

最初に行われたキッズクリニックでは、参加した子供たちがラッセル・ウェストブルック選手からアドバイスをもらうなど、直接指導してもらう貴重な体験をしました。

ミニゲームでは、ジャンプボールの際にフェイントを入れて子供たちを笑わせたり、シュートを決めた子供とハイタッチしたりと、フランクに交流しました。

さらに、事前に申し込んだ参加者によって行われた予選から、勝ち残った10名が参加したKNOCKOUT TOURNAMENTを開催しました。KNOCKOUT TOURNAMENTでは、一列に並んで順番にフリースローを入れ合います。シュートを外しても、次の人のシュートが入る前に、リバウンドシュートを決めればOK。10名からノックアウト方式で4名まで絞られた段階でラッセル・ウェストブルック選手も参戦。

リバウンドからのダンクシュートを決めるなどして大いに会場を沸かせましたが、結果は惜しくも2位でした。ラッセル・ウェストブルック選手に見事打ち勝った参加者には、バスケットボールシューズ「ジョーダン “Why Not?” Zer0.1」がプレゼントされました。

Bリーグとストリートバスケのオールスターがガチンコ勝負

イベントの最後を飾るのは、日本のストリート・バスケットボール界が誇る最大の5 ON 5トーナメントALLDAYから選ばれし「ALLDAY ALLSTAR」 VS ラッセル・ウェストブルック率いる「TEAM WHY NOT?」による5 ON 5 EXHIBITION MATCHを行いました。

ALLDAY 2018 SUMMERでMVPをとったTAKA選手(BLACKTOP)を中心としたALLDAY ALLSTARに対し、TEAM WHY NOT?にはアイラ・ブラウン選手(琉球ゴールデンキングス)、岡本飛竜選手(広島ドラゴンフライズ)、落合知也選手(越谷アルファーズ)、竹内公輔選手(栃木ブレックス)、田臥勇太選手(栃木ブレックス)、富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)、古川孝敏選手(琉球ゴールデンキングス)が顔を揃えました。

試合はストリートコートを主戦場とするALLDAY ALLSTARが主導権を握り、進行します。点差を広げられる展開に、監督として入ったラッセル・ウェストブルック選手も激怒(のパフォーマンスも)!タイムアウトをとってメンバーを激励します。

それからもALLDAY ALLSTARの猛攻に押され気味の状況に、会場からもラッセルコールが巻き起こります。残り2分を切り、ラッセル・ウェストブルック選手が登場しますが、逆転ならず。17-39でALLDAY ALLSTAが勝利しました。

富樫勇樹選手はイベントの感想を次のように話しました。

初めてストリートのコートでプレーして、違う楽しみを知りました。また日本のファンの方がバスケを愛していることを知れて、いい1日になりました。

田臥勇太選手は上を目指して頑張っているバスケットキッズ達へメッセージを送りました。

小学生など今回は学生も多く集まる場所で、NBAのプレーを見れたというのは本当にいい機会だと思います。バスケットボール選手を目指している学生の皆さんは目標を持ち続けて、上のステージでまた再会できることを楽しみにしています。頑張ってください。


イベント ナイキ バスケットボール 富樫勇樹 田臥勇太