スペインのサッカー・スタジアムを巡る PART3 : WANDA METROPOLITANA (Atlético de Madrid)

スペインのサッカー・スタジアムを巡る PART3 : WANDA METROPOLITANA (Atlético de Madrid) WATCH

スペインのサッカー・スタジアムを巡る PART3 : WANDA METROPOLITANA (Atlético de Madrid)

スポーティ

日本人がなかなか行かないスペインのサッカースタジアムを巡る、この企画。今回は、アスレティコ・デ・マドリード(Atlético de Madrid)の本拠地であるワンダ・メトロポリターナ・スタジアム(WANDA METROPOLITANA)を訪れます。

2017年10月からアスレティコの新たな本拠地となったこのスタジアム。マドリード市内から地下鉄1本で行くことができるこのスタジアムは、試合がない週末でも十分に楽しむことができる場所です。

TOP写真: Photo by Yukari TUSHIMA

スタジアム見学の前に


アスレティコの現監督である、ディエゴ・シメオーネ(Diego Simeone)氏のプレート。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

マドリードにおいて、いつもレアルマドリード(Real Madrid)の最大のライバルとされるアスレティコ・デ・マドリード。1903年に創立され、すでに100年以上の歴史をもつこのチームは、2017年マドリードの東側に新たなスタジアムを建設しました。それがこのワンダ・メトロポリターナ・スタジアムです。

約67000人収容可能なこのスタジアムは、まだまだピカピカです。このスタジアムを見学できるのは、週末と祝日のみ。土曜日と日曜日は、午前11時から見学可能です。入場料は大人一人16ユーロ。おまけのシールも付いています。


チケットとおまけのシール。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

スタジアム見学ツアーのための入り口はこの10番入口。巨大なオーロラビジョンの真下にある入り口ですので、迷うことはありません。


オーロラビジョンの下、向かって左から2番目の扉が10番入口。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

しかし、最初の目玉がこの入口の前にあります。特に10番入口の前に立ったときには、ぜひ足元にご注意ください。


(Photo by Yukari TSUSHIMA)

Paseo de Leyenda(パセオ・デ・レェンダ)というコーナーで、過去にアスレティコに所属した歴代の名選手の記録が、この床に埋め込まれているのです。スタジアムの中に入る前に、この記録を見ているだけでも十分楽しむことができます。ちなみに、この場所までなら入場料は無料です。

スタジアム見学がスタート


階段の踊り場には、こんな記録も。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

10番入口の扉が開けられたら、まず、購入したチケットを係の人に見せて、中に入ります。そして目の前にある階段で、一気に一番下の階まで降りましょう。そうすると、TV中継などで見たことのある場所にたどり着きます。


ここから選手たちがピッチに向かいます。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

もちろん、その先ににあるのは、スタジアムのこの風景です。


スタジアム内部の風景。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

この日はアスレチコ対バルセロナ戦の当日であったため、見学客が入ることができるピッチ内のエリアは限られていました。しかし、それでも、アスレチコ側のベンチに座ることができました。


アスレティコ側のベンチ。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

また、現在はピッチの中に2017-2018年に獲得したUEFAヨーロッパリーグの優勝カップと、2018年に獲得したUEFAスーパーカップの両方が展示されています。この2つの優勝カップの間に入って、写真を撮ることもできます。


2つの優勝カップ。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

しかし、この場所で写真を撮るときには、優勝カップの足元にあるアスレティコ・デ・マドリードの紋章(エスクード)を踏んではいけません。見学時にはどうぞお気をつけください。

十分にピッチを堪能したら、再度建物の中に入ってみましょう。左手に曲がると、アスレチコのロッカールームを見学できます。


ロッカールーム。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

このロッカールームの見ものは、天井のライトです。


ロッカールームのライト。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

その後は、プレスルームとミックスゾーンを見学することができます。特にプレスルームの大きさに驚く人も多いかもしれません。


プレスルーム。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

特別席観覧席の見学


特別観覧席から見える風景。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

最初に降りた階段を、今度は登ってみましょう。すると特別観覧席を見学することができます。


Photo by Yukari TSUSHIMA

スタジアム全体を見回すことができるこの特別観覧席には、なんと手元に小型TVがついています。選手の細かいプレーもじっくり楽しむことができるのです。そして、この特別観覧席の一番前には、超薄型の大型TVが設置されています。


Photo by Yukari TSUSHIMA

この日、この特別観覧席の後方では今年、アスレティコから日本のサガン鳥栖に移籍したフェルナンド・トーレス(Fernando Torres)選手の軌跡をたどる特別展示が開催されていました。


フェルナンド・トーレス選手の特別展示の写真。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

新本拠地の住所に込められたファンの思い


ルイス・アラゴネス氏がアスレティコ監督時代、試合前の選手に語った言葉。(Photo by Yukari TSUSHIMA)

このスタジアムの所在地の住所は、アベニ―ダ・デ・ルイス・アラゴネス(Avenida de Luis Aragonés)。もちろん、2008年、スペイン代表に最初のヨーロッパ制覇をもたらした名監督がその名前の由来です。彼はスペイン代表監督就任前の2001年から2シーズン、アスレティコ・デ・マドリードを率いた監督でもありました。

2000年シーズン終了時、アスレティコはスペイン2部リーグへと降格してしまいます。しかし、翌年同チームの監督に就任したルイス・アラゴネス氏は、わずか1年でアスレティコをリーガ・エスパニョーラのトップリーグに復帰させることに成功したのです。

こうした経緯のため、アスレティコ・デ・マドリードのファンは、ルイス・アラゴネス氏に対し、非常に強い感謝と尊敬の思いを抱いています。新本拠地の住所に彼の名前を冠したのも、その一つの表れと言えるのかもしれません。


サッカー スタジアム スペイン 海外サッカー