スポーツ界のアカデミー賞「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード 2020」にラグビー日本代表や大坂なおみ選手がノミネート!

スポーツ界のアカデミー賞「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード 2020」にラグビー日本代表や大坂なおみ選手がノミネート! SUPPORT

スポーツ界のアカデミー賞「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード 2020」にラグビー日本代表や大坂なおみ選手がノミネート!

スポーティ

世界40カ国以上でスポーツを通じた社会貢献活動に取り組んでいるローレウスが主催するスポーツのアワード『ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード2020』が2020年2月17日にベルリンで開催されます。

既に世界中のスポーツジャーナリストの投票によって選ばれたノミネート選手の中には、昨年のワールドカップで日本中を沸かせたラグビー日本代表や、日本人選手として初の世界ランキング1位に輝いた大阪なおみ選手らの名前も並びました。

ワールドカップで大躍進のラグビー日本代表


ラグビー日本代表は強豪スコットランドを相手に4トライをあげ28-21で破り、決勝トーナメント出場を果たしたことで世界を驚かせ、今回の選出につながりました。

元オールブラックスのレジェンド、ショーン・フィッツパトリックもW杯での日本の躍進に高い評価をしています。

今回のラグビーワールドカップは衝撃的であり、興奮に満ちていた。開催国である日本の活躍は誰もが称賛するだろう。日本代表の選手たちは非常にエキサイティングで素晴らしい ラグビーを見せ、日本ラグビー史上初めての決勝トーナメント進出という快挙で驚かせてくれた。フィールド外でも、運営者とファンらがこのワールドカップを忘れられないものにしてくれた。日本代表がシックス・ネイションズかザ・ラグビーチャンピオンシップに参戦するのでは、という話も耳にするほど盛り上がっている。スポーツの未来に興奮を抱かせてくれる話だ。彼らの素晴らしいパフォーマンスを祝福したい。彼らは個人にとっても、国にとっても、スポーツがいかに特別であるかということを具現化してくれた。ロ―レウス年間最優秀成長部門にとてもふさわしい候補だと思う。

グランドスラム2大会連覇の大坂なおみ選手


大坂なおみ選手は2018年9月の全米オープン優勝に続いて、昨年1月には全豪オープンでも優勝を果たし、女子シングルスでのグランドスラム2大会連覇という2015年のセリーナ・ウィリアムズ以来の快挙を成し遂げたことにより、今回選出となりました。

20年間におけるスポーツがインパクトを与えた瞬間を表彰するアワードも

また今年はローレウス20周年を記念して、20 年間のスポーツシーンにおいて、これまでになかった新しい方法や他にはない素晴らしい方法で、スポーツが人々に団結力をもたらし、大きなインパクトを与えた瞬間を表彰する『ローレウス・スポーティング・モーメント賞2000-2020』も開催されます。

日本からは、2018年に行われたFIFAワールドカップにおいて、アディショナルタイムに逆転負けを喫した衝撃の試合後にも関わらず、サッカー日本代表チームがロッカールームを綺麗に清掃し、さらに現地の言葉で感謝のメモを残して会場を後にするという一連の行為が『Message of Respect』としてノミネートされました。

この『ローレウス・スポーティング・モーメント賞 2000-2020』は一般投票結果によって受賞者が決まり、2月17日にドイツ・ベルリンにて開催されるローレウス・ ワールド・スポーツ・アワード 2020にて発表および表彰されます。

投票は全3ラウンドで1ラウンド目は1月22日までとなり、一般投票は特設サイト(https://www.laureus.com/sporting-moments ※英語表示のみ)にて2月16日まで受け付けています。


イベント サッカー テニス ラグビー 大坂なおみ 日本代表