プロ野球ファンなら一度はやってみたい! 球場でアルバイトする方法

プロ野球ファンなら一度はやってみたい! 球場でアルバイトする方法 SUPPORT

プロ野球ファンなら一度はやってみたい! 球場でアルバイトする方法

スポーティ

2月16日のロッテ-オリックス戦を皮切りに、各地でプロ野球のオープン戦が始まりました。もちろん見て楽しむこともできるのですが、もっと身近で楽しむこともできます。そう、各地の球場でアルバイトすることです。

球場でアルバイトするには、大きく分けて3つあります。順に挙げてみましょう。

まず球団に申し込む方法です。ソフトバンクホークスでは、球団ホームページに募集のコーナーが設けられています。ボールボーイ・ボールガールは時給740円、ホークスオフィシャルグッズショップの販売スタッフ(ヤフオクドーム店)は、試合日は時給820円、非試合日は790円などとなっています。

次に球場に申し込む方法です。日本ハムファイターズの本拠地である札幌ドームは、同名の株式会社札幌ドームが運営しており、同社ホームページにアルバイト募集があります。飲食事業スタッフやグッズ販売スタッフは時給750円、観光事業スタッフは時給770円などとなっています。

最後に委託を受けている業者に申し込む方法です。例えば日本総業では「神宮球場ファンサービススタッフ」や「横浜スタジアムイベントスタッフ」などを、シミズオクトでは「QVCマリンフィールドスタッフ」や「ナゴヤドーム プロ野球業務スタッフ」や「京セラドーム大阪 プロ野球業務」などを募集しています。(※ 3月5日現在)

条件は様々ですので、興味がある人は探してみてはいかがでしょうか。ただしアルバイトと言っても仕事です。浮かれた気分は抑えて、しっかり仕事をするのを忘れないようにしましょう。


NPB 球場 野球