なりたいお尻No.1! 「POMBA」でサンバダンサーのヒップラインに!

なりたいお尻No.1! 「POMBA」でサンバダンサーのヒップラインに! DO

なりたいお尻No.1! 「POMBA」でサンバダンサーのヒップラインに!

スポーティ

もう間もなく、季節は春。重たいコートを脱ぐついでに、ぜい肉も脱いでスッキリボディを手に入れたいところです。しかし年齢を重ねるにつれてなかなか痩せず、また体重は減っても下腹はポッコリ、お尻はたるむなど体型の悩みも尽きません。

そんな時、サンバと格闘技のカポエイラを組み合わせたまったく新しいダンスエクササイズ「POMBA(ポンバ)」が、サンバダンサーのようにキュッと上がった魅惑のヒップラインを生み出すと小耳に挟みました。サンバもカポエイラもブラジル発祥のものですが、合体するって一体どういうことなのでしょうか? トレイラー映像を視聴してみたところ、確かに出てくる人たちはお尻にたるみが見当たりません。これは、ひょっとしたら理想のボディを手に入れられるかも!

サンバはド派手な衣装で踊るだけのものではない!

POMBAの制作・監修を務めるYOKOさんは16年ほどカポエイラを続けてきて、その本質をより理解するためにブラジル文化を学んでいく中でサンバと出会いました。サンバというと羽根のついたド派手な衣装とピンヒールで踊る華やかなイメージがありますが、そのルーツは土着的なダンス。「裸足でステップを踏むだけでもエネルギーが湧いてくる、とてもパワフルでかっこいいものなんです」と、詳しく知るにつれて魅了されていったのだそうです。

IMG_9320_S

サンバを踊るとパワーが溢れてくることを強く感じたYOKOさんは、「レッスンが終わった後に、疲労感とともにポジティブな気持ちにもなってほしい」とエクササイズに取り入れることを決意。また、日本ではまだ認知度の低いカポエイラの楽しさと力強さを伝えたいという思いもあり、2つを組み合わせたPOMBAが2013年の秋に誕生しました。

大切なことは、他人の目を気にせず「楽しく踊る」

YOKOさんはレッスン中に必ず「間違えてもいい」と言います。「正しい/正しくないではなく誰もが笑顔で踊っていることを感じてほしいと思って、みんなで輪になって踊るパートを用意しています」。リズム感がなくても、体が硬くても、POMBAなら人目を気にせず思いっきりできそうです。

さらに、レッスンでは体のラインが出るようなものやビビッドな色の服を着ることもおすすめなのだとか。体型に自信が持てないとついダボっとした服でごまかしがちですが、YOKOさんは「自信のないパートも隠さずに、ありのままの自分を出してほしいです」と言います。

POMBAトレイラーより。確かに、ボディラインの出ている服装の方が多いです!

POMBAトレイラーより。確かに、ボディラインの出ている服装の方が多いです!

ブラジルでは周囲からの視線を気にせず、自分の気持ちを大切にして好きな格好をしたり、物事に取り組む人が多いそうです。このようなマインドを持つこともまた、ポジティブであるためには大切なんですね。

動き方次第で、誰でも確実にヒップアップ

ところで、本当にサンバダンサーのような肉感的でありながらもキュッと上がった理想的なヒップラインを手に入れられるのでしょうか。「レッスンでは、週に1回45分間やるだけでもきちんと大きく動けば短期間で効果が出るような構成にしています。まずはしっかり動いて汗をかくことを目標にしてみてください」。

ASA_9079
ASA_9079 / Nguyen Vu Hung (vuhung)

POMBAを続けることで、こんなヒップラインに!?

POMBAはサンバやカポエイラなど4つのパートで構成され、それぞれヒップラインやウエスト、太ももの筋肉を刺激する動作がふんだんに盛り込まれています。

中でもヒップアップに最も効果を発揮するのが、キックが頻繁に登場するカポエイラパート。足を大きく蹴り出すことで、大臀筋や大腿二等筋といったお尻を支える筋肉に効果的にアプローチできるのです。

大臀筋とは骨盤から太ももの方へ伸びている大きな筋肉です。鍛えることでヒップアップの効果が出るだけでなく、股関節の可動域が広がるため走ったりジャンプしたりといった運動のパフォーマンスも向上すると言われています。これが衰えると、骨盤が安定せずに姿勢が悪くなったり腰痛を引き起こす原因にもなってしまいます。

スクワットや屈伸といったトレーニングも有効ですが、POMBAのように楽しみながらできるエクササイズをしているうちに、自然とヒップアップに繋がれば嬉しいですね。

キックが突然やってくる!?

カポエイラは、向かい合った人たちが蹴りを主体とする打撃を繰り出す格闘技ですが楽器演奏や歌に合わせたダンスの要素も持ち、老若男女から親しまれています。2008年にはブラジルの無形文化遺産にも指定された、同国の国技です。

動画を見てみるとキックが相手に当たっていないのですが、これはわざとなのでしょうか?

「よく聞かれるんですけど、みんな上手に避けているだけで実は本気で蹴っているんですよ。POMBAでも最初に蹴りと避ける練習をするんです」。それなら安心……と思いきや「でも最終的には予告なしに蹴りますよ(笑)。サプライズも楽しいですよね!」とのこと。これにはリアルなカポエイラを体験してもらいたいという意図と、思いがけないハプニングで笑顔になってほしいという思いが込められています。

楽しいから続けられる。だから効果が現れる

POMBAで特長的なのは、ブラジルの陽気さと日本のキャッチーさが融合している音楽。すべて、動きや振り付けと連動しているオリジナル曲です。

メインテーマは、「POMBA踊ろう~♪」のフレーズが印象的で思わずステップを踏みたくなるキャッチーなナンバー。音楽にもこだわることで楽しさが増し、またやってみたいという気持ちになってきます。楽しいから続けられる、続けられるから効果が出る、という良いサイクルの秘密は、こういった細やかなこだわりにあるんですね。これなら、辛い思いをしなくても魅惑のヒップラインをゲットできそうです!

オフィシャルサイトではこのメインテーマに加え、カポエイラパート、サンバヘギパートも一部試聴できます。

オフィシャルサイトではメインテーマ、カポエイラパート、サンバヘギパートを一部試聴できます。

さっそくやってみよう

できることならコートを脱ぐまでの数カ月で何とかなりたいものです。すると、YOKOさんがお家でもできる基本のエクササイズを2つ教えてくれました。さっそく編集スタッフが挑戦!

■ジンガ

カポエイラの基本のステップ「ジンガ」。スピードスケートにも似たこの動きは、ブラジルでは体幹トレーニングに取り入れているサッカー選手も多いそうです。

 1. 足を大きく横に開き、膝を曲げて重心を下げ、前傾姿勢に。2. 左足を、右足のまっすぐ後ろにくるように下げる。

1. 足を大きく横に開き、膝を曲げて重心を下げ、前傾姿勢に。
2. 左足を、右足のまっすぐ後ろにくるように下げる。

 3. 同時に右手を横に伸ばし、左手は手首がアゴの下にくるように動かす。4. 左足を元の位置に戻し、今度は逆側の手足を同じように動かす。

3. 同時に右手を横に伸ばし、左手は手首がアゴの下にくるように動かす。
4. 左足を元の位置に戻し、今度は逆側の手足を同じように動かす。

POINT1:両足は一直線上に置くような感じにPOINT2:前傾姿勢のイメージ

POINT1:両足は一直線上に置くような感じに
POINT2:前傾姿勢のイメージ

YOKOさんからのアドバイス
つま先は、両足とも前を向くようにしてください。

■フレンチ

ジンガに慣れてきたら、キックの動作「フレンチ」を取り入れてみましょう。太ももを大きく動かすので、ヒップアップに効果的です。ジンガで右足が下がっている状態から始めてみましょう。

1. 右足を元の位置に戻し、左足を外側から内側に向かって大きく回す。2. 体を中心に半月を描くようなイメージで足を止め、そのまま床に着けずに元の位置に戻す。

1. 右足を元の位置に戻し、左足を外側から内側に向かって大きく回す。2. 体を中心に半月を描くようなイメージで足を止め、そのまま床に着けずに元の位置に戻す。

3. 再びジンガを行い、今度は左足でフレンチ。4. 蹴り出す時に背中を倒して股関節を大きく使い、なるべく遠くへ足を出すとより効果的。

3. 再びジンガを行い、今度は左足でフレンチ。4. 蹴り出す時に背中を倒して股関節を大きく使い、なるべく遠くへ足を出すとより効果的。

POINT1:YOKOさんほど足が上がらなくても、軌道がしっかりしていれば効果は変わりません! POINT2:腹筋と背筋をフルに使うので、体幹トレーニングに効果的です。

POINT1:YOKOさんほど足が上がらなくても、軌道がしっかりしていれば効果は変わりません! POINT2:腹筋と背筋をフルに使うので、体幹トレーニングに効果的です。

YOKOさんからのアドバイス
ジンガ2回、フレンチ1回というペースで繰り返してください。フレンチは、足を高く上げなくても大丈夫です。きちんと半円を描く軌道で蹴れば、同じ効果を得られますよ。腹筋や背筋を使うので最初は難しいかもしれないですけど、続けているうちに必ずできるようになります!

■ツイスト

サンバのステップ「ツイスト」は腰やお尻を捻る動作が頻繁に出てくるので、ウエストのシェイプアップに効果的です。

1. 右足を左足の前に出して交差させる。この時、上半身は前を向いたまま腰をギュッと捻り、お尻は持ち上げるイメージ。2. 左足を右足の横に出して真っすぐ前を向いて立ち、再び右足を左足の前に出して交差させる。

1. 右足を左足の前に出して交差させる。この時、上半身は前を向いたまま腰をギュッと捻り、お尻は持ち上げるイメージ。2. 左足を右足の横に出して真っすぐ前を向いて立ち、再び右足を左足の前に出して交差させる。

3. 左足を左方向に伸ばし、床にタッチする。4 . 1~3の動きを左右逆にして繰り返す。

3. 左足を左方向に伸ばし、床にタッチする。4 . 1~3の動きを左右逆にして繰り返す。

YOKOさんからのアドバイス
最初はゆっくりでも良いので、一定のリズムに乗って行うことが大事です。慣れてきたら、徐々にスピードアップしていきましょう。足を交差させる時にできるだけ上半身を動かさないようにすると、よりウエストが引き締まりますよ。あと、胸は下げないように気を付けてくださいね。

YOKOさんがやるとどれも簡単そうに見えたのですが、スピードアップしたり動きを大きくしてみると運動量がかなり高いことを感じて汗だくになります。ただ、太ももやお尻のあたりに受ける強い負荷がプリップリの美尻を作ってくれると考えると苦になりません! そしてYOKOさんもインタビュー中に言っていたようにリズムに合わせてグイグイ動いていると多少の間違いは気にならなくなり、楽しく踊ることに集中できた気がします。

POMBAからポジティブなエネルギーが生まれる

IMG_9399_s

YOKOさんはPOMBAを通じてたくさんの人にポジティブなエネルギーを出せるようになってほしいと考えていて、「フィットネスやダンスをしている時だけでなく、仕事場でも家族や友達との間でも良いエネルギーを出せるようになったら人生が素晴らしくなると思うんです。そのきっかけをPOMBAから見出してもらえたら嬉しいです」とのことです。

POMBAは全国のフィットネスクラブやダンススタジオなどでレッスンを実施しています。これまでに老若男女、ダンス経験の有無を問わず多くの人が体験し、90%以上が「楽しかった」と高く評価。たった1回のレッスンで、早くも体型に変化が出た人も大勢いるのだそうです。4月からは体験できる場がさらに増えていくそうなので、まずはオフィシャルサイトでレッスン予定をチェックしてみましょう!


POMBA フィットネス