サッカー日本代表・堂安律選手 スイスの高級腕時計ブランド「HUBLOT(ウブロ)」とチャリティーイベント開催

サッカー日本代表・堂安律選手 スイスの高級腕時計ブランド「HUBLOT(ウブロ)」とチャリティーイベント開催 SUPPORT

サッカー日本代表・堂安律選手 スイスの高級腕時計ブランド「HUBLOT(ウブロ)」とチャリティーイベント開催

スポーティ

サッカー日本代表、そして現在FCフローニンゲン(オランダ)で活躍中の堂安律選手が、6月25日(火)に都内で開催されたスイスの高級腕時計ブランド「HUBLOT(ウブロ)」とのチャリティーイベント「HUBLOT(ウブロ)×堂安律チャリティーイベント」に参加しました。

堂安選手が子供たちに直接指導!

イベントでは、堂安選手が子供たち20人(10人x2チーム)とのドリブル対決や、PKの距離から金額の書かれた的に当て、獲得した金額を*¹JFA夢フィールドへ寄付するキックターゲットを行いました。


準備体操では子供たちと一緒に円になり、大きな掛け声!笑顔が溢れます。

ウォーミングアップの鳥かご(円になりパスする人と、守備する人に分かれパスを回すトレーニング)では、「パスが来る前に次を考えておく。声を掛けて、自分の位置を教えてあげる」と子供たちにコツを教えていました。


堂安選手とのドリブル対決では、10人の子供たちが、堂安選手からボールを奪おうと必死にディフェンス。堂安選手もわずかな隙間からゴールを決めるも、子供たちは、粘り強いディフェンスで堂安選手を囲み、見事にボールを奪いました。

そして選抜された子供10人と一緒に金額の書かれた9ヵ所の的に当てるキックターゲットにチャレンジ。獲得した金額は、日本サッカー強化のため建設中のJFA夢フィールド*へ寄付されます。

まずは、子供たちが蹴り、残った的を堂安選手が狙っていきます。子供たちに「どこ狙おうか?楽しんで!」と声を掛ける堂安選手。そして、子供たちの次に蹴る堂安選手も集中し、的を狙った結果、子供たちが2枚、堂安選手が5枚を射抜き、計160万円の寄付金となりました。

*¹JFA夢フィールド:https://www.jfa.jp/nfc/



キックターゲットの的に向かって蹴る堂安選手

21年間の中で一番充実した1年だった

トークセッションの時間になり、堂安選手は、このように今季を振り返りました。

21年間の中で一番動いた、充実した1年でした。感じた壁もありましたが、手ごたえもあり、成長できた1年でした。

そして、子供たちからの質問コーナーでは、「世界で活躍する選手になるためにはどうしたら良いか?」という質問には、このように子供たちに伝えていました。

メンタルが全て。小さい頃からメンタルを強く、負けず嫌いな気持ちを持って行くことが大事です。

さらに、将来の夢に対しての質問には、このように語っています。

サッカーキャリアの夢は、欧州チャンピオンズリーグで「優勝」すること。それに尽きます。

イベントの最後には、堂安選手から子供たちにサインボールがプレゼントされると、子供たちからは、6月16日(日)に21歳の誕生日を迎えた堂安選手へサプライズケーキがプレゼントされました。


「ヨーロッパに行って2年が経ち、やっとスタートラインだと思っている。ここからもう1回化けれるようになっていきたい。新シーズン頑張っていきたいです。」と最後に抱負を語ってくれた堂安選手。

今後の堂安選手の活躍に注目していきましょう!

文=関谷倫和(Sportie編集部)


HUBLOT ウブロ サッカー 堂安律 東京オリンピック