アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ –フットボールエディション(ジャパンセレクション)取材レポート

アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ –フットボールエディション(ジャパンセレクション)取材レポート SUPPORT

アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ –フットボールエディション(ジャパンセレクション)取材レポート

スポーティ

今夏ドイツのミュンヘンで「Allianz Explorer camp Football Edition」が開催され、そのキャンプに日本の選手が招待されます。

6月16日(日)ラモスフィールド(東京都江東区)にて、そのセレクションが行われたので、取材をしてきました。

アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ –フットボールエディション(ジャパンセレクション)とは?

Allianz(アリアンツ)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く保険・金融サービスを提供する世界的企業です。FCバイエルン・ミュンヘンの公式スポンサーであり、クラブの本拠地「アリアンツ・アレーナ」は、2006年のドイツ・ワールドカップの試合会場にも使用されました。

サッカーだけではなく、自動車レースのF1(フォーミュラワン)やパラリンピックなど様々なスポーツイベントの支援も行っています。

2009年にスタートした「Allianz Explorer camp Football Edition」は、世界30カ国から14歳から16歳の男女をドイツ・バイエルンへ招待をし、FCバイエルン・ミュンヘンの指導者からのトレーニング、トップチームの選手と交流することのできるプログラムを実践するというものです。

日本では、昨年の2018年に「アリアンツ・ジュニアサッカー・キャンプジャパンセレクション」として初めて行われ、2名の招待選手が選ばれました。

ゲスト審査員には、元サッカー日本代表・岩政大樹氏と元Fリーガーの中井健介氏が参加しました。2回目となる今大会は、元日本代表の岩本輝雄氏と名良橋晃氏が審査員として登場しました。

日頃磨いた足技とアイデアを駆使して1対1を勝ち抜く

セレクションは、一次選考(サッカーテクニック)と二次選考(面談)で行われました。一次選考は1対1の対戦形式によるトーナメントで、男子41名、女子12名が参加しました。壁に囲まれたミニコートには4台のゴールが置かれています。試合時間は1分間で、直接ゴールに入れるか、壁に当てて入れるか、オウンゴールで得点がカウントされます。

プレーがスタートすると、とにかく積極的に相手ゴールに向かって攻めていく選手もいれば、短い試合時間であることを計算してゴールを決めた後はボールキープで時計の針を進めていく選手もいました。

また、ゴールが各2台ずつ置かれていることから、一方のゴール方向に相手を誘っておいて、相手が食いついてきたところでシュートコースの空いた逆側のゴールに狙いを変えたり、壁を使ってワンツーやクサビのパスを試みたり、各選手は頭と技を駆使していました。

ただし、木製のパネルが連結された壁はボールの跳ね返りが案外と弱く、効果的に使いこなすのは難しかったようです。

そんな対戦を見た審査員の岩本輝雄氏に「ボールの置きどころが良いですね。相手の入って来られないところにボールが置いてありました」と評価される選手もいました。

名良橋晃氏からは、「1対1をしている二人だけの緊張感がありました。お互いの良さを引き出していたんじゃないですかね」とのコメントもありました。

サッカーの技術だけではなく、コミュニケーション能力も重視した選考

こうして一次選考を勝ち上がったのは男子7名、女子3名の選手です。二次選考は5人一組に分かれてのグループディスカッションでした。

審査のチェックポイントは、「言語コミュニケーション能力」「面接での応答・表現」「日本に対する理解を促進する能力」です。

選手たちは、最初のうちは緊張からか声も小さかったのですが、次第に慣れてくると、審査員の質問に対して、「(ドイツに行くことができたら)外国の人とはサッカーだけではなく、遊びを通じて仲良くなりたいです」、「料理でコミュニケーションをとりたいです。僕は玉子焼きを作って、外国のみんなに食べてもらいたいです」のように自分の思いをハッキリと言葉にしていました。

面接の最後には、「英語で自己紹介をしてください」との審査員からのリクエストもありましたが、選手たちは照れたり恥ずかしがったりする様子もなく、好きなサッカー選手、自分の夢、住んでいるところなどを片言の英語でアピールしていました。

二次選考を終えると、ゲスト審査員の岩本輝雄氏と名良橋晃氏を中心に審査は始まりましたが、どうにも甲乙つけがたい様子でした。結局その場では2名に絞り込むことができず、合格者の発表は6月の下旬まで持ち越しとなりました。

合格者は、日本からの招待選手として、8月22日から27日までの6日間にわたり、ドイツのミュンヘンで開催される「アリアンツ・エクスプローラー・キャンプ」に参加します。

ぜひ、夏休み最高の思い出をつくってきてもらいたいものです。


FCバイエルン・ミュンヘン アリアンツ サッカー