必殺技は「ローリングアタック」 空中の格闘技 セパタクローの世界

必殺技は「ローリングアタック」 空中の格闘技 セパタクローの世界 DO

必殺技は「ローリングアタック」 空中の格闘技 セパタクローの世界

スポーティ

手を使わずにバレーボールをプレーすることを想像してみてください。足や頭を使ってレシーブ、トスを上げ、ジャンプしてスパイク!……そんなことができるの?と思ってしまいますが、今注目のエクストリームスポーツ「セパタクロー」なら、そんなアクロバティックプレーができちゃいます。

ルールはバレーボールとほぼいっしょ

「セパタクロー」の区切り方は「セパ」「タクロー」。東南アジア発祥のスポーツで、「セパ」はマレー語で「蹴る」、「タクロー」はタイ語で「ボール」を意味します。

バドミントンと同じコートを使い、3対3で対戦。ボールタッチ3回以内に相手コートにボールを返してラリーを行います。1セット15点先取(大会によって21点先取の場合もある)のラリーポイント制で、2セット先取したレグ(チームのことをレグという)が勝利となります。これらはバレーボールとほとんどいっしょ。

やはり一番の違いはサッカーと同じ「手や腕を使わずに、足や頭でボールに触ること」というルールがあることです。

空中を飛び交うのは編み込んだ形状のプラスチック製ボール。シューズはアッパーがキャンバス地で、靴底がゴム製のものが一般的

空中を飛び交うのは編み込んだ形状のプラスチック製ボール。シューズはアッパーがキャンバス地で、靴底がゴム製のものが一般的

トップ選手ともなるとサーブやレシーブ、トスも手を使うのと同じくらい器用にボールをコントロールします。「空中の格闘技」と呼ばれるだけあって、アタックの動きはかなりアクロバティック! 動きが派手かつルールが分かりやすいので、初めての人でも観戦していて楽しいスポーツです。

↓試合の様子

全国大会には8歳のセパタクローチームも

そんなセパタクローの大会が3/22・23の2日間、埼玉県春日部市で開催されました。第7回全国セパタクロー埼玉オープンには、全国から集まった男女合わせて69団体、約250名が参加。年齢は8歳から49歳までと幅広い世代の選手たちが集まりました。

小学生の参加_s

「セパタクローは日本ではまだまだマイナーなスポーツ。選手たちにとって十分な環境が整っているとは言えません。年間の大会数も数えるほどで、協会への登録も必要です。そこで、老若男女問わず楽しんでプレーでき、実践を通して選手たちがレベルアップしていけるような大会をつくろうという目的で始まったのがこの大会なんです」(実行委員長・鈴木雅博さん)

日本のセパタクロー選手の大半は大学から競技を始め、大学の4年間が終わるとプレー環境が無く辞めていってしまうのが現状です。年間の大会数もこの埼玉オープンを除くと協会主催の大会が4回のみ(東京、北海道、大阪、新潟で開催)。

そんな背景もあり、この大会は全国各地から集まる選手たちの交流の場としても役割も担っています。コミュニティが狭いので人同士のつながりが自然にでき、ここをきっかけに他のクラブの練習に参加する選手も多いといいます。

円陣_s

誰でもすぐに日本代表の必殺技を体感

本大会には、日本代表として活躍する選手たちも出場。林雅典(はやしまさのり)選手もその中の一人です。林選手は、得意技のローリングアタック(↓動画参照)を武器に、約10年間日本代表として国際試合を戦ってきました。

小学2年生から高校3年生までサッカーをやっていた林選手が、セパタクローと出会ったのは高校時代の選択授業でした。当時日本代表選手だった講師が見せたアクロバティックなアタックに魅了され、部活引退後に日本体育大学セパタクロー部の練習に参加。その後、同大学に進学して日本代表に選出され、日本を代表するアタッカーとして活躍してきました。

林選手_s

「セパタクローは足でボールを操る競技なので、始めのうちはなかなか思うようにボールを操れません。基礎技術を身に付けるのにかなり時間が必要です。セパタクローの面白さは、アクロバティックなアタックで得点を入れることにもありますが、一番は少しずつ技術が向上していき、自由自在にボールを操れるようになっていくことにあると思います」(林選手)

現在、林選手はセパタクローの普及のため、指導や講演のため全国を飛び回っています。また林選手も練習に参加する大山セパタクロークラブでは、練習体験を随時受け付けています(※参加・見学時は要連絡)。クラブには男女ともに、学生から社会人までさまざまな選手が所属。大学OBで作られているクラブが多い中、どんな人でも参加できるクラブは数少ないといいます。

会場様子_s

「セパタクローを高校生くらいから始められるような環境をつくりたいです。また、経験がとても大切なスポーツなので、学生を終えてからも競技を続けられる環境を整えることも重要です。現役を引退した後も指導者としてセパタクローに関わっていきたいと思っています」(林選手)

日本を代表するプレーヤーと接することができたり、大会で対戦したりできるチャンスがあることもセパタクローの魅力。サッカーやフットサル仲間でぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。


サッカー セパタクロー 日本代表