【W杯現地レポート】ギリシャ代表サポーターが振り返った日本戦

【W杯現地レポート】ギリシャ代表サポーターが振り返った日本戦 WATCH

【W杯現地レポート】ギリシャ代表サポーターが振り返った日本戦

スポーティ

ブラジル・ワールドカップ初戦で、黒星スタートとなった日本代表はギリシャ代表と対戦。試合後、ギリシャ人のサポーターに試合を振り返ってもらいました。

試合後、ギリシャ人サポーターと日本人サポーターの交流

試合後、ギリシャ人サポーターと日本人サポーターの交流


「フィフティーフィフティー」

確かに、スコアは0-0なので仰る通りです。では、印象に残った選手は?

「オレスティス・カルネジス(ギリシャ代表GK)。彼が頑張って守ってくれたよ」

そう、彼の手にきっちりとボールが収まったことで日本は得点できませんでした。日本代表で印象に残った選手は?

「んー…まぁ本田かな」

4本のシュートを放った本田圭佑は、この試合のバドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチに選出されています。

現地ブラジル人にも大人気だったギリシャ人美女

現地ブラジル人にも大人気だったギリシャ人美女


お互いに勝ち点1で並んでいる日本とギリシャですが、最後は日本にエールを送ってくれました。

「日本は大丈夫だよ。ギリシャよりも可能性がある。次、勝てば大丈夫さ!」

日本を応援してくれるのは大変ありがたいことですが、ギリシャの頑張りにもかかっているんです。ここで、グループリーグ最終戦のコロンビア戦に向けておさらいしておきましょう。

<グループC順位>
1位:コロンビア 勝ち点6(得失点差+4)*決勝トーナメント進出決定
2位:コートジボワール 勝ち点3(得失点差0)
3位:日本 勝ち点1(得失点差-1)
4位;ギリシャ 勝ち点1(得失点差-3)

<日本がグループリーグを突破するための条件>
絶対条件は…
1. 日本がコロンビアに◯
2. コートジボワールがギリシャに△もしくは●

さらに、それぞれの場合を確認すると…

<コートジボワールが△の場合>
日本と勝ち点が並ぶので得失点差を争うことになります。つまり、日本は最低でもコロンビアに2点差以上で勝つ必要がある


<コートジボワールが●の場合>
日本とギリシャの勝ち点が並びます。得失点差を見ると、ギリシャは現在「-3」のため、最低でもコートジボワールに3点差以上で勝つ必要がある

要するに、日本は何が何でもコロンビアに勝利し(できれば2点差をつけて)、ギリシャにも頑張って勝っていただかないと困るということです。まさに「昨日の敵は今日の友」なのです。

決勝T進出の可能性も、意外と冷静なギリシャサポーター

決勝T進出の可能性も、意外と冷静なギリシャサポーター


試合は日本時間の25日午前5時にキックオフ。コートジボワール対ギリシャも同時刻に行われるため、90分間で全ての決着がつきます。前回王者スペインはすでにグループリーグ敗退が決定している中で、日本にはまだ可能性が残されています。日本代表を信じて最後まで応援しましょう!


サッカー ワールドカップ 日本代表 海外