名古屋ウィメンズマラソンサブ5チャレンジ テンションを高めることが何よりの前日準備

テンションを高めることが何よりの前日準備 DO

名古屋ウィメンズマラソンサブ5チャレンジ テンションを高めることが何よりの前日準備

スポーティ

世界最大の女性マラソン大会としてギネス世界記録にも認められている名古屋ウィメンズマラソン(3月13日開催)。
今年は8月のリオデジャネイロ五輪の最終選考会もかねており、ますます注目を浴びました。

そんな当日の盛り上がりはもちろんですが、今回は大会2日前から行われるマラソンEXPOの様子をレポート!

名古屋ウィメンズマラソンに限らず、大きなマラソン大会では受付やゼッケン受け取りなどを兼ねて大会前にイベントを開催することがよくあります。しかし、名古屋ウィメンズマラソンのマラソンEXPOは、他のマラソン大会とは少し違った雰囲気に包まれていました。

化粧品やヘアケア、健康食品など
“女性”向けスポンサーのブースが大人気

pic2
マラソンEXPO。当日のゴールでもあるナゴヤドームで開催

会場のナゴヤドームには、約50にも及ぶブースがずらり……と、ここまでは他のイベントと大きく変わらないのですが、さすが“ウィメンズ”マラソン。
美容や食、アパレルなど女性が興味をそそられるブースがひときわ目を引いていました。

ティファニーの撮影パネル前には行列ができ、化粧品メーカー・メナードの肌状態のカウンセリングは1時間以上の待ち時間が発生!
お客さんのほとんどが女性なので、もはやマラソンのイベントというよりも、「バーゲンにでも来たかな?」というような賑わいを見せていました(笑)。

当日のエネルギー補給用品の購入はマスト

美容や食などのブースを楽しんだ後、やはり立ち寄っておきたいのがマラソンに関するブース。

当日に必要なエネルギー用品や、大会限定TシャツなどのウェアもこのマラソンEXPOですべて揃えることができます。

pic3
マラソンEXPOでゲットした品々

私も、前日の夜に補給しておいた方がいいサプリや、スタート30分前に補給するチョコバー、当日走りながら補給するゼリー類などを購入しました。
これで当日準備は万端です。

pic4
最新のランニンググッズもチェック!

また、ランの記録に加えてライヤレスで音楽も聴けるスマートウォッチや、ほどける心配のない靴紐、腰に巻きつける型のポシェットなど、気になるランニング用品もたくさん発見しました。
どれもこれも、ほしくなってしまいます…(笑)。

コーチから前日アドバイスがもらえる充実サポート

pic5

さらに、NIKEのブースでは、自分のランを分析するなどのさまざまな体験コーナーが。

私もさっそく参加してみることに!
専用のランニングマシンで数分間ランニングをし、コーチにフォームをチェックしてもらいます。

pic6
NIKEの真鍋未央コーチがマンツーマンでアドバイス。

コーチからは、腕が綺麗に振れていて、安定したフォームだとお褒めの言葉をいただきました!
ただ、少し反り気味の姿勢なので重心をもう少し前にすることと、踵からではなく足の裏をフラットに着地させることが理想的なのだそう。

大会前日なので、フォームを完璧に改善するのは難しいですが、フォームの意識が変わるだけでも大きいですし、何よりも「コーチに見てもらったのだから大丈夫だ」という安心感が生まれます。

NIKEの公式LINEを登録することで、後から自分のフォーム動画をチェックし、コーチのアドバイスを振り返ることもできました。

他にも、当日マラソンにも出場されるizuさん、鈴木あやさん、三原勇希さん、UNAさんなどのモデルの方々、MIDORIコーチによるトークショーも行われました。

大会が近づくにつれ、「大丈夫かな」「走りきれるかな」と不安を隠せなかった私…。
ですが、マラソンEXPOの盛り上がりを体感し、当日一緒に走る人たちのワクワクしている様子を見たら、たちまち気持ちがポジティブに。
「早く明日を迎えて走りたい!」と思えるほどに、自分自身のテンションがあがり、不安な気持ちはどこへやら。

フルマラソン前日は、心配事などから家で安静にしていたい気持ちもわかりますが、思い切って外へ出てみることで逆に自分自身のコンディションを調整できることもあります。
私自身、マラソンEXPOに参加することで気持ちを落ち着かせ、名古屋ウィメンズマラソンを何倍も楽しむことができました。

pic7

大会当日のゴールも設置。「必ず、ここに戻る」と自分に言い聞かせる!

次回は名古屋ウィメンズマラソン当日の様子をお伝えします。
果たして、目標であるサブ5を達成することはできたのか!?
42.195kmに及ぶ奮闘レポをお楽しみに!


ナイキ マラソン ランニング 美女