海外セレブに大人気!新感覚ビーチスポーツ『フレスコボール』って知ってる?

海外セレブに大人気!新感覚ビーチスポーツ『フレスコボール』って知ってる? DO

海外セレブに大人気!新感覚ビーチスポーツ『フレスコボール』って知ってる?

スポーティ

今、海外セレブたちの熱い注目を集めるビーチスポーツがあります。その名も『フレスコボール』

ブラジル・リオデジャネイロで生まれたラケットスポーツで、カロリー消費が高くエクササイズやダイエットスポーツとしても親しまれています。

ブラジリアン羽子板?

フレスコボールで必要なのは木製の「ラケット」と、ゴム製の小さい「ボール」だけ。ネットも専用のコートも必要ありません。テニスのようにお互いに打ち合うラケットスポーツですが、ひとつだけ大きく違う点があります。

ラケットとボール。ボールは少し固く、スカッシュの球に似ている

ラケットとボール。ボールは少し固く、スカッシュの球に似ている


主なルール
・試合時間は6分間(プロの場合)
・選手2人の間隔を6〜9メートルとし、ラリーを続ける
・5人の審判がアタック・ディフェンス・スピード・ファッションの4項目で0〜5点評価を実施し、最高得点と最低得点を除いた3人の合計点を競う


フレスコボールはラリーを続けることで点数が増える採点式のスポーツです。ポイントは「相手を打ち負かす」のではなく「うまく協力し合う」こと。

ブラジルでは、ビジネスの場で『この組織はテニスであるべきか、フレスコボールであるべきか』という議論がされるほど、テニスとは対照的なスポーツとされています。

どこでもできるストリートスポーツ

近年その人気はヨーロッパにも広がり、海外セレブがリゾートビーチでフレスコボールを楽しむ写真や動画がSNS上で数多く見られるようになりました(フレスコボールと美女:日本フレスコボール協会オフィシャルブログ)。

ブラジルではどのビーチに行ってもプレーしている人がいるとか

ブラジルではどのビーチに行ってもプレーしている人がいるとか


基本はビーチですが、専門のコートが必要ないのでどこでもできるのがポイント。ヨーロッパでは公園や体育館で楽しんでいる人も多いといいます。

2人の距離は6〜9m。このスペースさえあれば近所の公園でも楽しめる

2人の距離は6〜9m。このスペースさえあれば近所の公園でも楽しめる


「ラケットがおしゃれなので、ストリートファッション的に気軽に楽しんでもらえれば」と語るのは、一般社団法人日本フレスコボール協会会長の窪島剣璽さん。日本でも協会主催の体験会が行なわれていて、参加者にはラケットセットのプレゼントもあります(詳しいインフォメーションは文末にて)。

ラケットはカラフルにペイントされているものが多い

ラケットはカラフルにペイントされているものが多い


今から始めれば日本代表も夢じゃない?!

来年3月にはメキシコでワールドカップが開かれます。世界的な人気によって南米やヨーロッパを中心に19ヶ国が参加。アジアからは唯一、日本チームが初参戦します。

IMG_7943_s
日本代表としてワールドカップに出場する後藤隆志さんは、テニス経験がありながらも、最初はその運動量の多さに戸惑ったと言います。

「ゆっくりやればラリーをつなげることはできますが、点数は低いんです。得点を上げようと思うと急に激しく、難しくなる。1時間やると1000キロカロリー以上消費する、とも言われています」(後藤さん)

IMG_7837_s
後藤さんとペアを組み出場する藤元俊輔さん。審査基準に“エネルギッシュ”というのがあるほどテクニカルかつハードな動きが要求されるため、見た目以上の奥深さがあると言います。

「テニスよりもボールを押しこまないと、失速して相手に届かないことがあるんです。でも、そのうまく打てたときの音がいいんですよ」(藤元さん)

「最初にやったとき、これは“ブラジル版羽子板”だなと思ったんです。ワールドカップでは『日本にもかつてフレスコボールがあったんだ』というパフォーマンスで、文化交流ができればと思います。あと、今から始めれば誰よりもうまくなれると思いますよ」(後藤さん)

新しいスポーツで大きな大会に出場したい、世界各国のビーチで国際交流をしたい、そんな願いを叶える新感覚スポーツ『フレスコボール』をあなたも始めてみませんか?


テニス ビーチ フレスコボール