一家で自転車を楽しむために 『埼玉サイクルエキスポ2015』で自転車の安全を学ぼう

一家で自転車を楽しむために 『埼玉サイクルエキスポ2015』で自転車の安全を学ぼう DO

一家で自転車を楽しむために 『埼玉サイクルエキスポ2015』で自転車の安全を学ぼう

スポーティ

サイクリングシーズン幕開けの2015年3月7日(土)、8日(日)の週末2日間、『埼玉サイクルエキスポ2015』が、さいたまスーパーアリーナで開催されます

高まる自転車愛好家の安全意識

『埼玉サイクルエキスポ2015』は国内最大級の自転車総合イベント。自転車に「見て、触って、乗れる!」をテーマに、環境にも健康にもいい自転車の魅力を様々なコンテンツで楽しめる2日間です。

今年は、昨今の自転車利用者の拡大や自転車ツーリング旅行ブーム、また、ロードバイクスポーツが普及する中、2013年の道路交通法改正により自転車の「左側通行」などがルール化されたことや、自転車の加害事故の判例が増えていること、さらには2015年6月1日に予定される「自転車利用への交通違反の罰則制度」の施行を受けて、自転車の交通安全自転車向け保険の理解促進に関するプログラムなどが充実。

img_57819_2_s

au損害保険株式会社のブースでは、自転車向け保険の専門家が答える「自転車向け保険の無料相談コーナー」が設置されます。また「LOVE bicycle SAITAMA」が企画した、自転車利用者に自転車向け保険を分かりやすく伝える「自転車向け保険の簡単チェック一覧表」の掲出も行い、自転車向け保険の疑問や不明点の解消を目指します。

その他にも、埼玉県警による「自転車安全教室」のステージプログラムや、ブースでの「自転車の安全走行のドライブシュミレーター」の設置、さらには自転車ヘルメット大手・オージーケーカブトの「自転車の安全とヘルメットの正しい使い方」(仮称)や、ブリヂストンサイクル・パナソニックの「子供乗せ自転車の安全利用トークショー」(仮称)、一般社団法人自転車協会の「自転車通勤の安全トークショー」(仮称)など、様々なシチュエーションの自転車安全利用に関するプログラムが開催されます。


さいたま イベント サイクリング ヘルメット ロードバイク