ダイエットしたいなら泳げなくてもプールへ!そのメリットとは??

ダイエットしたいなら泳げなくてもプールへ!そのメリットとは?? DO

ダイエットしたいなら泳げなくてもプールへ!そのメリットとは??

スポーティ

ダイエットに、水泳を取り入れたいけど泳げないからどうしよう・・・。そんな理由で、ダイエットに水泳を取り入れるのを諦めるのはもったいないことです。実は、全く泳げなくてもプールに入って運動することはでき、ダイエットに繋げることができます。しかも水中でのダイエットは陸上でのダイエットと比べて、たくさんのメリットがあるのでとてもオススメです。

今回は、泳げない人でもプールでダイエットをするにはどうすればいいのか、プールでの運動はどうしてダイエットにいいのかということについてお話していこうと思います。

水中で歩くだけでもいい運動になる水中ウォーキング

Embed from Getty Images

泳がなくてもプールでできる運動として、水中ウォーキングがあります。水中ウォーキングと聞くと、「プールの中を歩いて行ったり来たりするだけで楽そうだな」という印象を受けると思います。しかし水中での運動は思っている以上に体を使う必要があります。普段あまり実感することはできませんが、陸上で体を動かす際には、空気の抵抗に逆らい運動をしています。

水の粘度は、空気と比べてかなり大きいので、水中で運動をする際には、かなり大きな抵抗がかかります。その抵抗の大きさは、なんと陸上の12倍とも言われています。そのため、ただ歩くだけでも陸上で歩くよりも多くのエネルギーが必要となるのです。

水中を歩くのに慣れてきたら、水中で腕を回しながら歩く、大股で歩く、速度を上げてみる(ジョギング)、後ろ歩きにも挑戦してみるといったように、様々なレベルアップの方法があります。実際に、様々な動作での運動強度を測定した実験があるのですが、水中で大股歩きと速度を上げて歩く(ジョギング)動作を行った場合、心拍数は、最大心拍数のそれぞれ70%、80%という高い値にまで達することが報告されています。この結果から、水中ウォーキングは一見激しい運動をしているようには見えないかもしれませんが、意外と強度の高い運動を行っているということが分かります。

水中で楽しく体を動かそう水中エアロビクス

Embed from Getty Images

水中での体の動かし方に慣れたら、水中エアロビクスに挑戦してみるとよいでしょう。ジムに行くと、暗い部屋で、音楽に合わせて、ダンスを踊るレッスンがあったりしますが、水中エアロビクスは、これを水中で行うというイメージです。こちらも陸上で行うよりも、水の抵抗がある分体を動かすのに大きな力が必要となり、効率的なダイエットに繋がります。

水中で、運動をしているので、なかなか気づきにくいのですが、実は、水中エアロビクスは結構汗をかきますし、心拍数もそれなりに上がります。実際に、あるスポーツクラブが行っている水中エアロビクスのプログラム中の心拍数をモニターした実験があるのですが、ウォーミングアップとクールダウンを除くメインパートでの平均心拍数は、最高心拍数の約70%に達していたことが報告されています。この結果から、水中でリズムに合わせて、体を動かすだけでもある程度心拍数が上がることが分かると思います。

水中エアロビクスは、ジムのプログラムの1つとして組まれていることが多いです。市民プールなどでは、こうしたプログラムがないので、実践したいなら、時間を合わせてジムのプールにいかないといけないというデメリットはありますが、とても楽しく体を動かし、エネルギーを消費することができます。

ダンスや音楽に合わせて、体を動かすのが好きだったり、楽しみながら運動をしたいという方には非常にオススメです!

プールでのダイエットには様々なメリットがある!

Embed from Getty Images

ここまで、泳げなくてもできる水中での運動を紹介してきました。こうした運動は、陸上でも行うことができますが、水中で行うことで、様々なメリットがあります。ここからは、水中で運動をすることのメリットを紹介していこうと思います。

水中では、重力とは反対向きの力である浮力が働き、膝や腰への負担を軽くしてくれます。足腰を痛めてしまいそうで不安だという方や、陸上では、転倒が怖いというお年寄りの方でも、水中なら安心して運動を行うことができます。水中では、水圧がかかることで抹消の血管が縮み、効率よく血液を心臓へ戻すことができるようになるので、血流がよくなるということもメリットとして挙げられます。プールの水は、体温よりも低く、プールに入っていると、どんどん体温を奪われていきます。そのため、体内では熱を作るために、エネルギーを消費します。なので、水中では陸上よりもより多くのエネルギーを消費することができるのです。

水中での運動を取り入れることで、ダイエットに対するモチベーションにも影響があります。多くの人は、陸上で運動をしているので、水中という、いつもとは違った環境で、運動をすることになるので、なかなか飽きずに長く運動を続けることができます。

このように、水中での運動には様々なメリットがあります。泳げないから、という理由でプールに行くことを諦めていた方でも手軽に水中で運動をすることができるので、是非ダイエットに水中での運動を取り入れてみてください。


スポーツ栄養学 ダイエット プール 運動生理学