スーパーアスリート「F1ドライバー」という職業

スーパーアスリート「F1ドライバー」という職業 WATCH

スーパーアスリート「F1ドライバー」という職業

スポーティ

300km以上というスピードの世界で戦うF1ドライバー達。きっとF1ドライバーに憧れを持っている方も多いことでしょう。そこで、今回はF1ドライバーにスポットを当て、F1ドライバーになるにはどうすればいいのか、そして気になる年俸も紹介します。険しい道の先に夢とロマンが待っているのです。
Embed from Getty Images

TOP写真 photo by nimame

F1ドライバーへの険しい道のり

モータースポーツの入り口とも言えるのがカートです。カートレースは年齢制限がないので、小さな子どもでもレースに参加することができます。世界で活躍しているレーサーは、カートから始めているレーサーが多く、早いドライバーだと3歳や4歳から始めます。

入り口であるカートでもお金がかかり大変ですが、スピードへの慣れや、クルマの運転技術の向上、更にレースバトルの駆け引きを学べるので、カートで腕を磨くことはレーサーにとって大きなプラスになるでしょう。

Embed from Getty Images

カートで成績を残すなど経験を積んだら、いよいよフォーミュラへステップアップ。ジュニアフォーミュラのチームでは、ドライバーのオーディションも行われているので、常に情報を張り巡らせておいたほうが良いでしょう。大金持ちでない限り、個人でフォーミュラカーレースに参戦するのはほぼ不可能と言われています。チームに所属できるように、レースやオーディションで結果を残さなければ先へは進めません。

大手メーカーのドライバー育成プロジェクトの多くは、カートなどレース経験者しか参加することができないものが多いのが現状です。そのため幼い頃からレース活動をしているに越したことはありません。しかし鈴鹿サーキットで行われている「鈴鹿サーキットレーシングスクール」は経験が無い人にもチャンスがあります。もちろん周りはレース経験者ばかりで厳しいことに変わり無いですが、可能性はあることを紹介したいと思います。

レースを始めてたった5年でF1に行った男「佐藤琢磨」

Embed from Getty Images

ここではF1のモナコGP、ル・マン24時間耐久レースと並び、世界三大レースと呼ばれるインディ500で、アジア人初の優勝に輝いた日本を代表するレーシングドライバー、佐藤琢磨選手について紹介します。

幼い頃からレースを経験しているレーサーがほとんどですが、佐藤琢磨選手はそれに当てはまりません。10歳の頃に鈴鹿サーキットでF1を観戦し、モータースポーツに強い憧れを抱いていたものの、高校時代までは自転車競技に身を置いていました。

高校卒業後、早稲田大学に進学しますが、「鈴鹿サーキットレーシングスクール」ができることを知ると休学してカートを始めました。そしてカートを半年しただけのわずかなレース経験で、鈴鹿サーキットレーシングスクールを受験することになります。しかし、当時の合否決定は書類選考で行われていました。「これではレース経験が無い自分がまず最初に落とされる」と考えた佐藤選手は、審査方法を面接に変えるよう直談判を行います。それが功を奏して選考方法が書類選考から面接に変わり、佐藤選手は見事合格を勝ち取るに至ります。

そこで受講生、時には講師よりも速く走るなど、どんどん成長していき、翌年首席で卒業しました。卒業後は、首席で卒業して手に入れたスカラシップでイギリスに渡り、レース活動を開始。ジュニアフォーミュラで経験を積み、F1の登竜門、F3に参戦します。

初年度は、年間3位になり、翌年2001年には見事チャンピオンを獲得。レベルが高いイギリスF3において、日本人で始めてチャンピオンになりました。同年に行われたF3世界一決定戦の「マカオGP」でも日本人として初優勝を達成し、勢いそのままにF1のシートを掴みました。

Embed from Getty Images

佐藤選手のような経歴は、本当に稀なケースですが、こうしてF1ドライバーになったレーサーもいるのです。ほとんどの人が手の届かない世界で、努力したからといって必ずなれるものではありません。ただ、「レーサーに絶対なる!」と強い意志を持って、チャンスを掴むために努力することで、夢を叶えた日本人がいることを知って欲しいと思います。

アスリートとしての「F1ドライバー」

モータースポーツはスポーツです。常にトレーニングし、強靭な肉体を手に入れなければ、レースに耐えられないのです。

速いスピードでマシンを走らせると、ドライバーにはGフォース(重力)がかかります。F1では体に5Gの力が加わるので、ドライバーの体重が70kgなら、ドライバーの体には350kgの力が押し寄せることになります。レーサーが必ず鍛えなければいけないのは首です。首が弱いと強いGフォースに耐えきれず、むち打ち状態になってしまいます。

レースは約2時間あります。レーシングスーツやヘルメットを身につけたドライバーは強烈な暑さの中、強いGフォースに耐え、その中でマシンを操り、細かい微調整を行い、なおかつ他車とバトルをしなければいけません。持久力、瞬発力、筋力、体感、冷静な判断力、高い運転技術、マシンのわずかな違いを読み取れる感性など、ドライバーに求められる能力は数多いのです。

F1ドライバーの年俸

F1ドライバーはサッカーや野球、NBAの選手に負けないくらいの超高給取りです。F1には優勝賞金というものがなく、年間の契約で年俸金額が決まっています。テレビ放映料やチケット売上から、前年の成績に応じてチームへの分配金として支払われる仕組みです。その中からドライバーの給料が支払われます。

年俸は公開されていないため正式なものではありませんが、F1ドライバーの推定年俸を海外スポーツメディアのTSM SPORTZが以下のように報じています。

セバスチャン・ベッテル(Ferrari) 6000万ドル(約67億5000万円)
ルイス・ハミルトン(Mercedes) 5000万ドル(約56億2400万円)
キミ・ライコネン(Ferrari) 4000万ドル(45億円)
フェルナンド・アロンソ(Mclaren) 3000万ドル(約33億7500万円)
バルテリ・ボッタス(Mercedes) 1200万ドル(約13億5000万円)
マックス・フェルスタッペン(Red Bull) 1000万ドル(約11億2500万円)
ストフェル・バンドーン(McLaren) 700万ドル(約7億8700万円)
ダニエル・リカルド(Red Bull) 600万ドル(約6億7500万円)
ニコ・ヒュルケンベルグ(Renault F1) 550万ドル(約6億1800万円)
セルジオ・ペレス(Force India) 500万ドル(約5億6200万円)
ロマン・グロージャン(Haas F1) 445万ドル(約5億円)
エステバン・オコン(Force India) 300万ドル(約3億3700万円)
ケビン・マグヌッセン(Haas F1) 250万ドル(約2億8100万円)
ランス・ストロール(Williams) 180万ドル(約2億円)
セルゲイ・シロトキン(Williams) 100万ドル(約1億1200万円)
カルロス・サインツ(Renault F1) 75万ドル(約8400万円)
マーカス・エリクソン(Sauber) 50万ドル(約5600万円)
ピエール・ガスリー(Toro Rosso) 40万ドル(約4500万円)
ブレンドン・ハートレー(Toro Rosso) 35万ドル(約4000万円)
チャールズ・ルクレール(Sauber) 15万ドル(約1700万円)

世界最速の称号を賭けて戦い、大金を稼ぐF1ドライバーたち。年俸を見てもF1ドライバーには夢があります。


F1 F1ドライバー