お客さんを感動させるような試合をしたい。山崎桃子選手インタビュー

お客さんを感動させるような試合をしたい。山崎桃子選手インタビュー WATCH

お客さんを感動させるような試合をしたい。山崎桃子選手インタビュー

スポーティ

女子総合格闘技DEEP JEWELSの美人ファイター山崎桃子選手。可愛い衣装に身を包み、きゃりーぱみゅぱみゅの音楽に合わせて入場したかと思えば、アマチュアルールながら、アグレッシブに闘う姿は、多くのDEEP JEWELSファンを魅了しています。

今回はそんな山崎選手に格闘家デビューしたきっかけから、今後の目標まで聞きました。

格闘技を始める前にデビューが決定!?OUTSIDER時代

ーー山崎選手はOUTSIDERから格闘技デビューしました。格闘技を始めた経緯を教えてください。

女子格闘技の存在は知らなかったのですが、ずっとOUTSIDERは観ていました。「OUTSIDERに女子版もあったら出たい」と、ずっと言っていたんですが、ちょうど女子選手の募集を始めたと聞いて、申し込んだら、試合が決まって、格闘技を習い始める前に、格闘技デビューが決まったんです(笑)。

ーー格闘技を始める前は、やんちゃをしていた時代があったと聞きました。喧嘩は結構あったのでしょうか(笑)。

中学生の頃の話ですが、結構喧嘩してましたね(笑)。中学を転校したことをキッカケに、転校先でいじめられていたのですが、私自身弱くて何も仕返すことができなかったんです。そんな時、親に「いじめてくるような人は、一人では何もできないんだから、そんな弱いやつに負けるな!」と喝を入れられて、「そうだな。こんな弱いやつに負けたくない!」って思って。そこから、気持ちだけは誰よりも強くなりました。

ーー格闘技経験がない中で、OUTSIDERのデビューが決まってから、初戦までの準備期間はどれくらいありましたか?

1ヵ月半くらいでした。そこからジムに入って打撃の練習から始まりました。打撃練習に割く時間が多かったので、寝技は今も課題です。

ーーOUTSIDERでの試合を振り返って、ご自身でよかったと思う試合を教えてください。

成績は2勝3敗でした。今思えば、OUTSIDERの頃の試合は、格闘技の技術としては、全然低いレベルだったとは思います。でも、1試合目は負けてしまったにも関わらず、「技術はないが、姿勢や気持ちの面がおもしろい!」とたくさんの方から反響をいただきました。みんなに観てもらいたいものを、観てもらえた。格闘家としての自分の姿勢を示せた試合でした。あとは、3試合目の勝ち試合です。早い段階でマウントに行けたので、自分の中では気持ちよかった試合でした。

プロになりたい!DEEP JEWELSで見つけた新たな目標

ーーDEEP JEWELSに出場することになったきっかけを教えてください。

DEEP JEWELSに出場している選手から、私と試合をしたいとDEEP JEWELS広報のRumiさんに話があったそうで、オファーをいただきました。ただ、OUTSIDERはアマチュアとセミプロが中心の試合だったので、うちのジムの会長が「まだDEEP JEWELSのプロの試合に出せるレベルの選手ではないので出せません。」と1回はお断りしたんです。
それでもRumiさんが諦めず、「それでも、試合までにそのレベルに仕上げてきてください。アマチュアルールでもいいからぜひ出てほしい。」と熱心にお誘いいただいた事もあり、アマチュアの試合で出させてもらうことになりました。


DEEP JEWELS 17 山崎桃子選手 VS リオン選手

ーー初めてDEEP JEWELSに出場してみてどうでしたか。

それまで、OUTSIDERに出場していた時は、プロになりたいなんて思ってもいなくて、ただ楽しいから格闘技をしていました。でも、DEEP JEWELSに出場してみて、周りの選手たちがとてもかっこよくて、私もこの人たちのように、DEEP JEWELSのリングにプロ格闘家として立ちたいと、新たな目標ができました。女子だけの大会自体も初めてだったのですが、OUTSIDERの雰囲気とは全然違くておもしろいなって感じました。今はアマチュアルールで出てますが、プロルールでの試合出場を目指して練習に励んでいます。

ーーファイトスタイルからも負けん気の強さを感じます。DEEP JEWELSでの1戦目、モモ選手との試合ではチョークをかけられてもタップをしませんでした。

「ヤバいな…」というのは落ちるだいぶ前から感じていました。「死ぬんだけど!」と思って(笑)。本当に苦しくて、セコンドからの「動いて外せ!」って指示が聞こえたので動いたんですけど、全然外れないんですよ(笑)。「残りあと10秒だぞ、頑張れ!」って言われて、「あと10秒だ…。」と思ったら落ちてました。



DEEP JEWELS 16 モモ選手 vs 山崎桃子選手

山崎選手が思う、DEEP JEWELSの魅力

ーー女子だけの大会だからこそのおもしろさは、どんなところに感じましたか?

DEEP JEWELSは、選手ひとりひとりのファンというより、DEEP JEWELSは全体のファンの方が多い印象で、お客さんの一体感がすごいんです。初めて出場する時は、私はOUTSIDERから来ているし、選手からもお客さんからも受け入れられなかったらどうしようと心配していたのですが、みなさんあたたかくて。お客さんも試合を観て「すごく良かったよ」って言ってくれました。

ーーDEEP JEWELSは、ファンとの交流の機会が多いことも特徴だと思います。そういった時に心がけていることはありますか。

感謝は毎回自分なりに伝えるように心がけています。観てくれる人がいなかったら、自分は何者にもなれないので、そういう面では、感謝の気持ちを伝えることを大切にしています。

ーー入場の際に踊るパフォーマンスをされていますが、ご自身で考えたのですか?

実は踊りについては、Rumiさんが考えてくれました。OUTSIDERではオラオラしたキャラでやっていたので、きゃりーぱみゅぱみゅの曲で踊ったりして大丈夫かな?って思ったんですけど(笑)。意外とお客さんからは「入場が楽しかった」って声をかけてもらえたりもするので、やりがいがあるな、と思ってます。ダンスの練習も一応してるんです(笑)。


プロルールでリングに立つために、課題と向き合う

ーーOUTSIDERで5戦、DEEP JEWELSで3戦、合計8試合を通して、成長したと思う部分はありますか。

周りの人からは、DEEP JEWELSに出場するようになったタイミングで、格闘技との向き合い方が変わったって言ってもらえることが多いです。格闘技と向き合う覚悟が決まったのだと思います。技術面では、寝技はまだまだなのですが、打撃は伸びて来たなと思います。プロ選手に練習を見てもらい、「打撃はプロでも通用する」と言ってもらった時に、実感が湧きました。

ーー12月3日に開催したDEEP JEWELS 18で吉川桃加選手との試合は判定勝ちでした。振り返ってどうでしたか?

全然ダメな試合だったと思います。試合になると、挑戦することを恐れてしまって、安全運転してしまうんです。もうちょっと早くからサイドをとったり、押さえ込みに行ったり、もっと挑戦しても良かったんですけど、寝技に不安があって、ひっくり返されたらどうしようと思ってしまって…。最後はセコンドに「抑え込んでいいんだぞ!やれるぞ、やってみろ!」って言われて、「そっか、やってみないと!」と思って押さえに行ったら、うまく行きました。よく練習していた技も、本番になるととっさに出てこないんですよね。


ーーいつもは男性とトレーニングしているそうですが、女性選手との試合では普段の練習との体格差など、難しい面もあるのでしょうか。

確かに、体格などはトレーニングをしてくれている男性と、試合での女子選手は全く違います。ただ、試合で押さえ込まれたりしても、普段練習している男性の力に比べると、軽いなと感じることができますし、パンチの距離も、男性の方があるなかで、中に入り込む練習をしているので、女子と試合をすると簡単に入り込める感覚はあります。打撃はそういった意味では、普段男性と練習していることで、試合でやりやすい部分があるのですが、寝技に関しては、練習相手の体重が全然違うとうまくいかなくて、今の課題です。寝技は改善して行きたいところなので、今後は女子の選手と練習できる環境を自分から作っていこうとしています。

お客さんが感動するような試合を見せたい

ーー格闘家としての目標としている選手はいますか?

好きなのはKINGレイナちゃんや浅倉カンナちゃんです。KINGレイナちゃんはあのキャラがおもしろいな、かっこいいなって思っていて、カンナちゃんは愛嬌があって、優しくて、人として好きです。人としての魅力がありながら、格闘家としての強さを持ち合わせた選手は憧れます。

ーー次の試合への意気込みを教えてください!

まだ決まってはいないのですが、次の試合では全局面で成長を見せたいです。練習でできていても、試合でできないっていうのがよくあったので、普段の自分の力を試合でも発揮できるように頑張りたいです!

ーー改めて、今後の目標をお願いします。

DEEP JEWELSでプロルールでリングに立ちたいです。ただ強いだけだったり、勝てばいいということではなく、観ていておもしろい試合をしたいですし、お客さんが感動したりとかするような姿を見せれたらなって、そう思います。


DEEP JEWELS 17 山崎桃子選手 VS リオン選手

目標に向けて、持ち前の負けん気で努力を重ねる山崎選手。その前へ前へと向かうファイトスタイルで、DEEP JEWELSで更なる輝きを放ち、存在感を大きくしていくのではないでしょうか。山崎選手の今後にご注目ください。


インタビュー:萩原拓也(Sortie編集部)
文・インタビュー中写真:五十嵐万智(Sortie編集部)


DEEP JEWELS 女子格闘技 総合格闘技 美女