筋トレをサポートしてくれるマルトデキストリンって何?効果や飲み方を紹介

筋トレをサポートしてくれるマルトデキストリンって何?効果や飲み方を紹介 DO

筋トレをサポートしてくれるマルトデキストリンって何?効果や飲み方を紹介

スポーティ

筋トレを行っている方は、トレーニング前の食事やトレーニング後の栄養補給はどのように行っていますか?トレーニング後には、プロテインを飲むという方も多いと思います。しかし、それ以外は特に食事にこだわっていないという方もいるかと思います。

実は、トレーニング前後に取り入れることで筋トレの質を高めてくれたり、筋トレをサポートしてくれるサプリメントがあります。それが今回紹介する「マルトデキストリン」です。

ではマルトデキストリンとは、一体どのようなもので、どのように筋トレをサポートしてくれるのでしょうか。

今回は、筋トレにオススメな「マルトデキストリン」について紹介していきます。

筋トレには、グリコーゲンが必要。

Embed from Getty Images

筋トレを行う際には、大きな力を発揮する必要があります。筋肉は脳からの指令を受けて収縮します。脳からの指令は神経を通り、筋肉に伝達されます。その後どうなるのでしょうか。

筋肉に脳からの指令が届くと、筋小胞体という器官からカルシウムイオンが放出されます。放出されたカルシウムイオンは、アクチンというタンパク質に結合します。するとアクチンとミオシンというタンパク質が互いに結合し、筋収縮が起こります。

放出されたカルシウムイオンは、再び筋小胞体に取り込まれます。その際に、グリコーゲンという体内に蓄えられたエネルギー源が使われます。

カルシウムイオンがしっかりと筋小胞体に取り込まれないと、筋肉がうまく収縮しなくなり、疲労の原因となります。そうしたことを防ぐために、トレーニングの前には、カルシウムイオンを取り込むグリコーゲンをしっかり補給しておく必要があります。

そんなグリコーゲンを効率的に補給できるのが、マルトデキストリンというサプリメントです。

ではマルトデキストリンとは、一体どのようなものなのでしょうか。

グルコースを素早く補給する「マルトデキストリン」

Embed from Getty Images

筋肉に蓄えられているグリコーゲンは、食品に含まれている糖質とほぼ同じような構造になっています。

糖質を摂取すると、体内でグルコースという最小単位に分解されます。その後小腸から吸収され、筋肉で再び結合し、グリコーゲンとなります。そのため、グリコーゲンを蓄えるには、糖質を摂取するのがよいです。

しかし、糖質はグルコースがかなり多く結合しており、消化吸収に時間がかかってしまいます。そのため糖質を摂取した場合、筋肉にグリコーゲンとして蓄えられるのが遅くなってしまいます。

そんな問題を解決してくれるのが、マルトデキストリンです。マルトデキストリンは、グルコースが数個〜20個結合した物質で、体内で素早く消化吸収され、グリコーゲンとして蓄えられます。

マルトデキストリンは、体内に素早くグリコーゲンの素となるグルコースを補給し、トレーニングをサポートしてくれるのです。

グルコースの補給ではダメなの??

Embed from Getty Images

マルトデキストリンは、グルコースがいくつか結合した物質で、消化吸収が早いのが特徴です。しかし、ここで一つの疑問が出てくると思います。それが、最小単位であるグルコースを摂取するのではいけないのか、というものです。

マルトデキストリンも結局はグルコースに分解されるので、どうせならグルコースを摂取したらいいのでは、と思うのは当然かもしれません。しかし、グルコースの摂取はデメリットもあります。

その理由として、浸透圧が挙げられます。同じ量のグルコースを体内に届ける場合、グルコースがたくさん結合したマルトデキストリンの方が、分子の数(塊の個数)は少なくなります。

分子の数が多いと、それを溶かすために多くの水が必要となります。グルコースを摂取した場合は、マルトデキストリンを摂取した場合と比べて分子の数が多いので、グルコースを溶かすために胃に多量の水が流れ、胃もたれを起こす原因となります。

また、味の問題も挙げられます。グルコースはとても甘いのでたくさん飲む場合、甘すぎて飲みきれないということが考えられます。一方マルトデキストリンは、それほど甘みはないので、たくさん飲んでも苦にならないということも理由として挙げられます。

こうした理由から、多くのエネルギーを摂取する場合には、グルコースよりもマルトデキストリンの摂取が勧められます。

マルトデキストリンの取り入れ方

Embed from Getty Images

グリコーゲンの貯蔵を助け、筋トレをサポートしてくれるマルトデキストリンは、いつどれだけ飲むのがよいのでしょうか。ここからは、マルトデキストリンの飲み方について紹介していきます。

マルトデキストリンは、トレーニングの前後に飲むのがオススメです。マルトデキストリンは摂取後速やかに体内でエネルギー源として利用できるので、朝にトレーニングを行う、という方は朝食に体重1kgあたり1gのマルトデキストリンを摂取するのがオススメです。

食事とトレーニングの間に時間が空いた場合、トレーニングの数十分前にマルトデキストリンを体重1kgあたり1g摂取することで、筋トレでしっかり力を発揮することができます。

トレーニング中にマルトデキストリンを飲むのもオススメです。マルトデキストリンを体重1kgあたり0.5g溶かした水を、トレーニング中で飲みきるようにしましょう。エネルギー源となるグルコースを補いながらトレーニングを行うことができます。

また、マルトデキストリンはトレーニングの栄養補給にも最適です。トレーニング後には、筋肉でのグルコースの取り込みが高まっているので、このタイミングで糖質を摂取すると、より多くのグリコーゲンを蓄えることができます。

トレーニングの直後に体重1kgあたり1gのマルトデキストリンを摂取することで、体内に速やかにグルコースを届けることができ、次回のトレーニングに向けてグリコーゲンを蓄えることができます。

このように、マルトデキストリンはトレーニング前後に取り入れることで、筋トレでしっかり力を発揮できるようにサポートしてくれるサプリメントです。

これまでプロテインしか飲まなかった、トレーニング前後の栄養補給まで考えていなかった、という方は是非取り入れてみてください。


サプリメント スポーツ栄養学 マルトデキストリン 運動生理学