マラソンのトレーニングにランニングマシンを使うメリットやデメリットを紹介

マラソンのトレーニングにランニングマシンを使うメリットやデメリットを紹介 DO

マラソンのトレーニングにランニングマシンを使うメリットやデメリットを紹介

スポーティ

ジムに通っている方なら、一度はランニングマシンを利用したことがあるのではないでしょうか。ランニングマシンは室内にいながら走る練習ができるので、ランナーの方もランニングマシンを使って練習している、という方は多いと思います。

一見便利そうに見えるランニングマシンですが、ランニングマシンばかりを利用してマラソンの練習をしていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。

今回は、ランニングマシンを利用しているランナーの方に向けて、ランニングマシンを利用するメリットとデメリットを紹介します。

ランニングマシンは持久力のトレーニングには最適

Embed from Getty Images

まずは、ランニングマシンのメリットから紹介していきます。ランニングマシンを利用するメリットは、トレーニングを管理しやすいというところです。

ランニングマシンは、自分で速度や傾斜を調節して走ることができる上、走った時間や距離、消費したエネルギーなどが計算されるので、どれだけトレーニングを行ったかを数値化しやすいです。

トレーニング日記をつけている方なら、自分の行ったトレーニングを数値化できるのは非常にありがたいですよね。

外を走っていると、自分が走っているペースがどのくらいか分からなくなりますが、ランニングマシンの場合は速度を調整できるので、一定のペースで走る練習を行うこともできます。

またトレッドミルを利用することで、簡易的なテストも行うことができます。例えば時速18km/hの速度で何分走ることができるかを毎月テストするようにしたとします。前月よりも走れる時間が30秒伸びたら、速い速度を維持する能力が高まったということが分かります。

ランニングマシンの最大のメリットは、トレーニングを数値化できることですが、他にもいくつかのメリットがあります。まずは、天候に左右されないことです。

外で走る場合、雨が降っていたら走る気になりませんし、暑いと熱中症の危険がありトレーニングに集中できません。しかし、ランニングマシンを利用する場合、室内でトレーニングを行うので、天候の影響を受けずにトレーニングすることができます。

走る場所に困らないこともメリットとして挙げられます。外で走る場合は、カーブや地面の性質などを考えてコースを決める必要があり、走るコースを決めるのにも苦労しますが、ランニングマシンの場合は1つのスペースでトレーニングを行えるので、場所を取らずにトレーニングができます。

さらに水を置く場所もあり、水分補給も容易に行うことができます。

ランニングマシンでは走り方が少し変わる。

Embed from Getty Images

このようにランニングマシンを使ったトレーニングは一見メリットだらけのように見えますが、実はランニングマシンを使うデメリットも存在します。それは、ランニングマシンを利用するトレーニングでは、走り方が少し変わるという点です。

外を走る場合は、自分の足で地面を蹴り、体を前に進めています。しかしランニングマシンの場合は地面が動くという、外で走る際には絶対にあり得ないことが起こっているのです。

地面が動くことで走り方はどのように変わるのでしょうか。速度が遅いうちは足で体を前に進めるように地面を蹴って進むのですが、速度が速くなってくると、体を前に進めるというよりは、ぴょんぴょんと飛び跳ねて体が後ろに流されないような走り方になってきます。

そのような走り方で走り続けていると、実際に外で走った時にはいつもと感覚が違うと感じ、思ったように走ることができません。

またデメリットとして、横の動きがないということも挙げられます。外を走っている時はカーブや方向転換など、横に移動する動きも加わりますが、ランニングマシンは常に一直線に進んで走ります。そのため、横に動くための筋肉を鍛えることができません。

さらに目の前の景色が変わらないこともデメリットとして挙げられます。ジョギングやランニングが趣味だ、という方は景色の移り変わりを楽しんで走っていますが、ランニングマシンはずっと同じ場所を走るので、そうした楽しみを見出すことができません。

ランニングマシンでは傾斜をつけよう

Embed from Getty Images

ランニングマシンを利用する際には、速度が変わると走り方が変わってしまう、ということが大きなデメリットです。それではそのデメリットを克服するにはどうすればいいのでしょうか。

その方法として、傾斜をつけることが挙げられます。2%くらいの傾斜をつけることで、実際に外で走っている感覚に近づけることができます。

強度を上げる際は速度ではなく傾斜を上げるようにするのもポイントです。傾斜を上げることで呼吸循環系にも足の筋肉にも負荷をかけることができ、トレーニング効果を得ることができます。

ランニングマシンは少しのスペースで持久力のトレーニングが行えるので非常に便利ですが、デメリットもあるということを覚えておきましょう。

こうしたメリットとデメリットの両方を知り、自分のトレーニングに取り入れてみてください。


マラソン ランニングマシン 運動生理学