水分をためてパフォーマンスを高めよう!グリセリンローディング

水分をためてパフォーマンスを高めよう!グリセリンローディング DO

水分をためてパフォーマンスを高めよう!グリセリンローディング

スポーティ

マラソンやトライアスロンのような長時間走り続けるスポーツや、サッカーやラグビーなど、試合時間が1時間以上に及ぶスポーツでは、大量の汗をかき、体内の水分が減ってしまいます。

体内の水分が減ってしまうと、運動パフォーマンスの低下に繋がってきます。そのため運動中にこまめに水分を補給することが大切です。

しかし、必ずしも常に水分を補給できる状態にあるとは限りません。マラソンでは給水所があるものの、そこでしか一定の水分を補給することはできません。となると、いかにあらかじめ体内に水分を蓄えておけるかが重要となってきます。そのような方法の一つとして、グリセリンローディングという方法があります。

今回は、体内に多くの水分を蓄えるグリセリンローディングとは一体何なのか、どのような方法なのかについて紹介していきます。

水分にはこれだけ重要な役割があった!!

Embed from Getty Images

普段実感することはあまりありませんが、体内の水分は非常に重要な役割を担っています。私たちは、酸素や栄養素を血液と共に運んでいます。その血液は主に水分からできています。水分に栄養素が溶け込み、水の中を赤血球が流れることで、様々な成分を運ぶことができるのです。

運ばれてきた栄養素は細胞内へと拡散しますが、この時も水の中を拡散するようにして広がり、細胞に栄養素が届けられます。

また、筋肉や各臓器で作られた不要物を回収する際にも水を介して移動します。水は様々な物質の移動の場として使われています。

水分は体温調節にも関与しています。体温が上がると体の表面に汗として水分が出てきます。この水分は蒸発する際に体から熱を奪うことで体温を下げています。このように、水分は体内で非常に重要な役割を果たしています。

体の中の水分が2%(約1L)減少すると、喉の渇きを感じ、運動パフォーマンスが低下することが知られています。その原因として、心拍数の増加が挙げられます。体内の水分が減少すると、血液の水分も減り、ドロっとした血液になります。すると心臓は血液を押し出すのに力が必要となります。そのため心拍数が増加します。

その他に、水分が減少すると足をつりやすくなる、めまいや吐き気、頭痛を感じる、ひどくなると体にしびれを感じたりもします。喉の渇きを感じた時にはすでに体は水不足になっている、とよく言いますが、正にその通りなのです。

グリセリンローディングで水分を蓄えよう

Embed from Getty Images

体内の水分がなくなると、運動パフォーマンスが低下してしまいます。それではあらかじめ体内に水分を多く蓄えておけばある程度運動パフォーマンスの低下を抑えることができるのではないか、と考えてできたのがグリセリンローディングという方法です。

グリセリンは、体内でも作られる物質で、水と溶けやすく安定化させるという性質があります。その性質を用いるのがグリセリンローディングです。水分のみを飲むと水は体内に吸収されるものの、細胞の中へは入らず細胞の外に留まるものが多い状態となっています。この状態だと尿や汗として水分が出ていきやすいのです。

グリセリンを摂取すると、グリセリンが細胞内へ入り、細胞外にある水を細胞内へと引き寄せてくれます。こうすることで細胞内液として水分を長時間保持することができます。

実際に、グリセリンの効果を示す実験が行われたのですが、水のみを飲んだ時より、グリセリンと一緒に水を飲んだ時の方が、体重が790g多く増加しました。この体重増加は、ほとんど水分の増加分なので、グリセリンを飲むと水だけを飲むより約800mL多く体内に水を蓄えることができると言えます。

つまり、グリセリンを飲むと500mLのペットボトル約1.5本分もの水分を多く蓄えることができるのです。さらにグリセリンは、水を細胞内へ留めておく力もあるので、汗による水分の損失も抑えることができます。

グリセリンローディングは、特に汗をかきやすく、蒸し暑い室内や屋外で長時間運動を行うスポーツに向いています。こうしたスポーツを行っている方は、汗による水分の損失がパフォーマンスを低下させる原因となるので、グリセリンローディングを試してみてはいかがでしょうか。

グリセリンローディングの方法

Embed from Getty Images

それでは、グリセリンローディングは、実際にどのように行うのでしょうか。まずは、グリセリンが含まれたサプリメントを探しましょう。これらのサプリメントは袋に小分けにして入っているタイプのものが多いので、1~2包を水500mL~1000mLで溶かして飲みます。

飲むタイミングとしては、運動を始める1〜2時間前が最適です。こうすることで運動開始前に体内に水分を多く蓄えておくことができ、パフォーマンスの向上に繋がります。

ただ、グリセリンの消化吸収には個人差があるので、グリセリンを飲むことで、自分の体調がどうなるのかを把握するために、1週間~1ヶ月程前から一度試しにグリセリンを飲み、自分に合った量や飲むタイミングを決めるようにしましょう。

グリセリンローディングは、マラソンなどのスポーツのパフォーマンスの向上に役に立ちますが、熱中症の予防にも役立ちます。体内の水分を多くしておくことで水分損失による影響を抑えることができます。

スポーツのパフォーマンスを高めたい方はもちろんですが、いつも炎天下で練習をしていたり、汗をかきやすいという方にもオススメのサプリメントとなっています。是非一度試してみてください。


グリセリンローディング スポーツ栄養学 運動生理学