音楽と共に感動の映像で贈るオリンピックコンサート開催!

音楽と共に感動の映像で贈るオリンピックコンサート開催! SUPPORT

音楽と共に感動の映像で贈るオリンピックコンサート開催!

スポーティ

6月14日、東京国際フォーラムにてオリンピックコンサート2019が開催されました。合わせて平成30年度JOCスポーツ賞の表彰式が行われ、フィギュアスケートの紀平梨花選手をはじめとした受賞者たちが集まりました。

オリンピックコンサートの様子と、平成30年度JOCスポーツ賞受賞者たちのコメントを紹介します。

「輝く夢に向かって」映像と音楽で振り返るオリンピック

オリンピックコンサートは、これまでのオリンピックの映像とオーケストラ演奏を融合させ、スポーツファンのみならず、普段スポーツやオリンピックに馴染みのない方にもオリンピックの価値や素晴らしさを感じてもらうことを目的に、JOCが1997年から毎年開催しています。

東京2020大会に向けてあと1年という今年のテーマは「輝く夢に向かって」。アスリートがオリンピックに向けてひたむきに努力を続ける姿や、オリンピックでの歓喜の瞬間、涙が溢れる瞬間など、見ていて心が震えるような瞬間瞬間の映像を指揮・粟辻聡氏、THE ORCHESTRA JAPANによる演奏とともに振り返ります。

曲は東京1964年大会の開会式に演奏された『オリンピック東京大会ファンファーレ』、選手入場の際に演奏された『オリンピック・マーチ』といった、オリンピックとの関わりが深いものから、『映画「E.T.」から“地上の冒険”』のように親しみのある曲、チャイコフスキーの『幻想序曲「ロメオとジュリエット」から』など情感溢れる曲まで幅広く演奏され、観客を楽しませました。

また、藤巻亮太さんによるスペシャルステージでは、代表曲『粉雪』、『もっと遠くへ』、『3月9日』をオーケストラの伴奏とともに熱唱しました。

平成30年度JOCスポーツ賞受賞者表彰

JOCスポーツ賞はオリンピック・ムーブメントの推進とスポーツの各分野で優れた成績を挙げた方々の栄誉を讃えることを目的としています。

■受賞者一覧
<年度賞>
最優秀賞:
大坂なおみ選手(テニス)

特別栄誉賞:小林陵侑選手(スキー/ジャンプ)

優秀賞:乙黒拓斗選手(レスリング)、川井梨沙子選手(レスリング)、吉田愛選手・吉岡美帆選手(セーリング)、阿部一二三選手(柔道)、喜友名諒選手(空手道)

新人賞:北園丈琉選手(体操/体操競技)、須崎優衣選手(レスリング)、上野優佳選手(フェンシング)、四十住さくら選手(ローラースポーツ)、大塚健選手(スキー/スノーボード)、紀平梨花選手(スケート/フィギュアスケート)

特別功労賞:池江璃花子選手(水泳/競泳)、村上茉愛選手(体操/体操競技)、世界卓球選手権大会女子日本代表チーム(石川佳純選手、伊藤美誠選手、平野美宇選手、早田ひな選手、長崎美柚選手)、金谷拓実選手(ゴルフ)

<特別貢献賞>
JOCが実施する諸事業の活動にアンバサダーとして長年にわたって貢献。
大林素子さん(バレーボール)、宮下純一さん(水泳/競泳)、伊藤華英さん(水泳/競泳)

<女性スポーツ賞>
長年にわたって女性アスリートの支援及び女性スポーツの環境整備のために国内外の関係機関とのネットワークの活用を構築。
小笠原悦子さん

当日登壇したは受賞選手はそれぞれ次のようにコメントしました。

紀平梨花選手:北京オリンピック優勝を目指して、1年1年頑張りたいです。東京オリンピックの時期は、練習で忙しいと思いますが、目が釘付けになってしまうんじゃないかと思います。





大塚健選手:5月に膝の手術を行なってリハビリに専念しているところですが、復帰してからもこういった賞をいただけるように頑張りたいと思います。


金谷拓実選手:今年マスターズトーナメントに出場した際も、松山英樹選手には大変お世話になって、世界で戦うためには何をしていかなくてはいけないのか、ということをたくさん教えていただきました。東京オリンピックに向けて、ランキングを上げて出場できるように、そして、松山選手と共に戦えるように頑張りたいと思います。




吉田愛選手:東京オリンピックのセーリングの会場となる江ノ島で普段から練習しているので、地元有利になれるように頑張りたいと思います。まずはオリンピックの代表になることが今年の目標で、代表になって来年のオリンピックでは金メダルを獲得できるようしっかり準備していきたいです。


吉岡美帆選手:一歩一歩焦らず、東京オリンピックで金メダルを獲れるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。



喜友名諒選手:オリンピック出場できるよう一つ一つの試合に集中しています。空手が正式種目になるのは初めてなので、この空手同種目で盛り上げていけたらいいなと思います。


小林陵侑選手:W杯をまわってきて自分に足りないことがわかっていたので、それをレベルアップに繋げられたと思います。葛西監督からも常に色々なことを教えてもらっています。北京オリンピックで金メダルを獲れるように頑張っていきたいです。




いよいよあと1年後に迫った東京2020大会。スポーツの価値やオリンピック精神を体験するオリンピック・ムーブメントは日本全国で推進しています。ぜひ近くで開催される際には参加して、オリンピックを身近に感じてみてはいかがでしょうか。





オリンピック コンサート 日本代表